思うこと

| 2 Comments


このところ、10年前のこと、10年前からのことを思い出す(出さされている、という方が正確かも)ことが多いです。
しかも夜中に…。

ところで、素敵な人というのは、ひたむきに自分のことをこなしたり高めようと純粋に必死だったりします。自分の中の目標があるので他人と比べたりしません。仮に比べても、まだまだだなあと更に頑張るだけだったりします。

しかし、そういう人に、嫉妬したりやっかんだり自己卑下したりする人もたくさんいます。比べるから、だと思います。
ある時は、上から目線で、歳上ぶったり、先輩ぶったり、無意識かもしれないけれど何らかの形で上に立とうとします。

する側もされる側も、どちらも経験あるかもしれません。

自分のことに一生懸命になっていれば、他人わ見てイガイガしないのになあ、と思います。

私自身のことですが、特に兄弟の上で育ったものとしてのお姉ちゃん意識が強く、無意識のうちに上から目線、歳上目線になりがちなので、実の兄妹含め、歳下の人への接し方は気をつけなきゃいけないなあと、最近思い直しました。

大人ですしね。子供でもですが、実年齢あまり関係ない気がします。
自分が誰に対しても尊敬の念(境界線含め)を礼儀としても抱けるか、それだけなのかもしれないと思います。


2 Comments

  1. YOKOさん、おはようございます!
    どこに行っても年長者になることが多くなり上から目線、
    注意しなければと思っています。

    ところで
    私が尊敬できると思っている人から勧められたお店や
    人物が「あ〜これは今ひとつ…」、だった時にいつも
    どう伝えていいか悩みます。私は自分の感じしか信用
    しない、でもあなたがこれを良いと思うことは否定しない
    ということをどうやったら上から目線にならずに伝えられるかと。
    今までどおり仲良くはできるのですが、すすめられたことに
    ついては話題を避けていたりします。
    人からのおススメ今ひとつの時、YOKOさんはどうされていますか?

    この記事を読んだ後すぐ、買い物先で赤ちゃん連れの若い
    お母さんに意見するかどうか迷う場面があり、何度あきらめても
    その親子にばったり出会うことを繰り返した末に覚悟して声を
    かけました。私のようなおよび腰であわよくば必要なことも
    言わないですまそうとする人には、年上ぶる世話好きおばさんの
    型もたまには役に立ちます。普段守っている相手のやり方に対する
    尊重や境界線も時に違う間合いに変えなくてはいけないこともある
    のかなあと思いました。

    • ayaさん

      こんばんは。いつもありがとうございます。
      まず、人から勧められたものでイマイチだった時ですが、
      特に自分から話題にしないと思います。聞かれたら答えると
      思いますが、答え方もケースバイケースではないでしょうか。
      ただ、イマイチと思っている事に対して、とても良かった!と
      言う言い方はしないです。嘘になりますから(^^;)。
      イマイチだった中にも良いと思えた部分だけ話すとか、はもしかしたら
      あるかもしれませんが、、。
      でも突っ込んで聞かれたら、できるだけ正直に答えると思います。
      私にはよくわからなかったんですよねー、とか?
      どんなに尊敬したり信頼したりしている人に勧められたりしても、
      感性も好みも違うので、感想が違って当然です。無いとは思いますが、そこに
      罪悪感を抱く必要も無いですよね。自分の感覚がおかしいのか?と疑ったりする事も無論(笑)。

      以前狭い道でのすれ違いの時、向こう側から来た車が無理やり進んでくる(ように見えた)ので、
      私も、「あなたが下がるべき」と思い前に進む事しか頭になかったのですが、外にいた
      第三者のおじさんに、「バックしろ!バックしろ!」と怒鳴られました。
      びっくりしましたが、前に進む事しか頭になかった私には、「そうか、自分が下がればいいのか!」と
      自分にとってはとても新しいありがたいアドバイスでした。
      怒られたのでその後少しドキドキしましたが、あのおじさんがいなければ、対処方法がいつまで
      経ってもわからなかったので、特に運転は命の危険を伴う瞬時、本当にありがたかったなあと
      思います。
      長く生きた者や経験した人にしかわからないことがあります。相手を傷つけても、伝えなければ
      ならないことがあります(傷つける事は目的ではないのです)。
      その根底には愛がありますが、そういう意味で、年上ぶるとかいうのは
      話が違います。

      私が書いた記事は、愛ではなく、本人のエゴから来るものだったのですが、、、(^^;)。
      わかりにくかったらごめんなさい。

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top