これで良い、と決めること

| 4 Comments


このところずっと同じことを書いていますが、掃除も料理も早起きも、結局は自分が心地良いためのものだと私は思います。
だから何とか続きます。

掃除した後のキリッとした空気感を知っていると、掃除しないで何日もいた空間はだんだんぼやけてきます。それで気がついたら心身重たくなったり、物事の動きが鈍くなったり、イライラや不安が増えたり、、、を実感してはっとします。何度もそれを繰り返してきたので、そうなったら、とりあえず掃除をします。心が整うからです。
どこかに行きたくてしょうがない時も、とりあえず掃除して整えて、それでも行きたければ行く、というようにします。乱れた空間から逃げたいだけの時もあるからです(^-^)

自炊は、本当に美味しいご飯とお味噌汁、その他の料理でもいいですが、心の奥底まで染み込むようなご飯を一度知ってしまうと、それ以下にしたいと思わなくなります。
身体や心に染み込むような食べものには、癒されるしパワーチャージをして元気にぬるのを実感するからです。
絶対に美味しいご飯を食べたい、というだけでご飯とお味噌汁を作っているような気がします、最近(^-^)。自己満足だし失敗もよくあるけれど、美味しいものが食べたいと思ってて作ると、思わない時より上手く作れる気がします。家族には申し訳ないけれど、もちろん家族の体調に合わせたりもするけれど、美味しいものを食べさせたい、というより、最近は特に自分が美味しいものを食べたい、という理由でご飯を作っています。でもその方が続くし、探究心も出てきて楽しいのです。

早起きは、人に言っておきながら、一番苦手です。ガイドに起こされても、身体がついていかないよ〜、というエゴを通した20年でしたが、身体が辛いと思っても、起きてみると意外と早く大丈夫になります。
何より、心に余裕が生まれます。
だからか、直感の入り方も格段に違うことが多いです。1日が全然違ってきます。
掃除、自炊、早起きの中で一番大事なのは、早起きだと思います。なぜなら、掃除も自炊もできる時間を作るから、作りやすいから。

とまあ、それぞれについて長く書いてきましたが、あなたはそれを何のためにやっているのか、というのが大事なのではないかと思います。

もし、誰かや何かに褒められたい、認められたい、という理由だとしたら、真面目な人ほど、ボロボロになったりするのではないかと思います。
ボロボロになるまでやってしまう見返りを求めていないか、、、という自分を見つめて、自分が何を求めているのか、を考えてみる時かもしれません。

自分で、これで良い、と決めることは、自立した大人には必要不可欠なのだなあと、今年はよく思いました。
そして不思議なことに、自分で良いと決められないうちは、他人の評価を求めているくせに、実際評価を貰っても信じられず受け取れないものです。だから絶対的な自信とは裏腹に、 評価を思い込もうとしたり不安故の自信過剰みたいになったりします。
自分で、これで良い、と決めれると、他人の評価も落ち着いて冷静に受け取れます。
そういうのが本当の意味で、自信を持つ、ということなのではないかと、この頃思います。

自信を持つ、というのは、日本ではもしかしたら、自信過剰みたいなマイナスイメージかもしれませんが、本当の意味では、自信を持つことは、落ち着いて生きていくためにとても大事なことではないかと思います。
イメージ先行に長い間巻かれていましたが、今はそう思います。


4 Comments

  1. YOKOさん、おはようございます☆
    私はこれを読んですぐ床掃除しました。スッキリしました
    周囲に認められるためでなく自分の心地よさのために掃除する、本当にそうですね。
    YOKOさんが上に書いておられることとは関係なく、
    環境や食事をきちんと整えることを女性の仕事と考えて、仕事や子育てや
    健康上の問題から十分に整えられない時に罪悪感を持たせようとする風潮には
    私は反対です。罪悪感や「私がやらなければ誰がやるというんだろう」という
    悲壮な責任感でやる家事は上の記事でいう「真面目な人ほどボロボロになったり
    する」につながると思います。もしも私の友人が「ボロボロ」になりかかって
    いたら、「自分を責めないで〜。掃除はいいからまず休んで〜」と言います。
    衣食住を整える責任は男女年齢問わず一人一人にあるものです。
    家庭内のメンバーでまかなえない時はもっと気楽に外注できるシステム(外食、
    家事代行サービス、託児など)がサポートしてほしいと強く願ってます。

    話を本題に戻しまして、
    自分が心地よいための掃除、生活を整える、良いです!
    以前私はシーツが多少よれていても気にしないで寝ていたのですが、
    試しに寝る前にシーツをピンと伸ばしてみたら気持ちが良くて以来習慣に
    なりました(レベル低くて恐縮です笑)。体裁を整えるためでなく、実際やって
    みて気持ちよいことがわかれば続けられるものですね。
    フルタイムの仕事をやめ自分で掃除を定期的にするようになって、ほこりの
    たまりやすい場所、全然使っていないのに置いてあるもの、家の中の補修が
    必要な場所などに気づくようになりました。また床や棚の上に物が多いと
    掃除しにくいし周りにほこりも集まるし、すると自然に断捨離とシンプル
    ライフが進み、汚れない暮らし方ができるようになって掃除もラクになりました。
    こまめにサッサとした方が面倒くさくなくラクなのです。
    心の扱い方とよく似てます。イライラしたりモヤモヤした時に都度何が起きて
    いるかをよく観察することが習慣づけば、たまって訳がわからなくなる前に対処
    できるし、自分をそういう状況に置かなくなります。仏教の禅宗で掃除が重要な
    修行の一環になっているのは理にかなっていますね。

    とはいえ、私は本当にまだまだまだまだで、ここまで書いていても冷や汗ものなの
    ですが、動ける体と時間と心の余裕があることに感謝して今日もがんばります!

    • ayaさん

      はい、体裁を整えるものや、他人の見た目を意識するものではなく、
      自分や相手が心地よいか、というところに愛があるのだと思うしそれで
      いいのではないかと思うのです。自分のためにシーツを整えて気持ちが
      良かった、という実感がとても大事なのだと思います。
      それ自体もその積み重ねも、ご自身の癒しにつながると気づかれると
      思います。
      誰かの目を気にしていたり比べなくてよくて、自分がやったという
      事実が大事なのだと思います。頑張ったと思ったら、大いに褒めたら
      いいと思うのです。他人の基準や評価、全く関係無いです。
      ご飯も、美味しいものを与えること、身体に良いものを与えること、つまり
      自分が心地よいものを与えるという掃除と共通していることですが、
      結局それ自体が自分を癒すことになります。実質的な整えと癒しを自分にする
      こと。そして頑張ったら自分を褒めたりご褒美すること。
      ヒーリングの原点なのだなあと最近私も気が付きました。

      • いつもながら、丁寧なご返信ありがとうございます!

        そうなんです、掃除や断捨離は自分に対する癒しです。
        大変だったね自分、良くやった自分とねぎらって
        ほめて時間をかけてゆるんでいったらいいなあと思っています。
        YOKOさんも本当に暮らしを大事にされてるなあとブログを
        拝読しているだけで思います。それが静かな落ち着きといいますか
        自信になっていくという気がします。

        • ayaさん

          自分への癒しも骨が折れる時もありますが(^^)、結果
          裏切らないと思います。
          私の場合はそうせざるを得なかった、という感じで、
          一つ一つが丁寧かといえば決してそうは思えないの
          ですが(^^;)、でも少しづつですが丁寧に、暮らしの中の
          こともマメになれたらいいなあと意識するようになりました。
          自分だけが知っている自分の頑張りの積み重ねは、
          確かに自信につながってくると思います。

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top