2019年8月3日
by Sun Dish
0 comments

暑中お見舞申し上げます

この1ヶ月ほど個人的に強烈な水星逆行でしたが、過去の自分がどうだったか、どんな風に生きてきたかをまざまざ見せつけられ(^^;)、内面が大忙しでした。

火星も逆行しているとのことなので、実際の星の動きはどうなのだろうと、窓から見える火星を
毎晩観察しています(^^)。

6月から広島にいます。
外は暑いですね。洗濯物を取り込むだけで汗だくです(^^;)。

今年はメロンをいただく機会が多く、5月のメロンドームジュースからこれまでなんだかメロンづいています。
嬉しい限りです。
そして、母手作りの梅ジュースが暑い夏に効きます。

全国的に暑さが厳しいですが、皆様お身体ご自愛の上、素敵な夏をお過ごし下さい。

2019年7月18日
by Sun Dish
2 Comments

競争や優越の手放し

自分より先に行く人、自分より豊かなエネルギーを持った人、先達、先輩、その道のプロ…。

そういう人達と繋がれ、頼らせてもらうことや助けてもらえることは、なんてありがたいことなのだろう。

3次元、競争社会では、我先に、とか誰かより上に、とかそういう意識が働くのでしょうし、もちろん自分もそうでしたが、自分より豊かなエネルギーに助けられ、そういうものを手放せた先には、満ち足りた感謝しかない、と知りました。

2019年7月8日
by Sun Dish
0 comments

自分を観察する力

話を聞ける、ということは、自分の考えはさておき、
相手が何を言いたいか、ということを受け止めることが
できる、ということだと思います。
物理的に耳で聞けても、ハナから受け入れることができな
かったり、そういう考えがあるのだと認めることができない
場合は、話を聞けている、とは言い難いのかなあと最近思い
ます。

受け止めた上で自分の考えを再考する、明確にする、という
のであればコミュニケーションや対話になりますが、
全然受け入れることができないと、聞けないのと同じなので
コミュニケーションは難しいですよね。

相手に、何度言っても聞いてもらえない(受け入れてもらえ
ない)という経験を繰り返すと、もう言っても仕方が無い、と
人は諦めるものだと思います。
悔しい思いをしながらも、諦めたりすることもある場合も
あるでしょう。

人の話を聞けない人は、頑固だと言われますが、当の本人は
全然わかっていないことも多々あると思います。
信念、というか、自分の思いが強いので、間違っているなど
とはあまり思わない、考えないのだと思います。

「頭がいい」とか「いい子だ」と比較的言われてきた人に、
意外に多かったりするのかなあ、と思います。

普通のコミュニケーションは弁論大会ではないのだから、
自分の意見を通して相手を打ち負かすのが目的ではないの
だけど、気づかないところでそれに優越を感じている人も
います。こうなったらやはり面倒くさいので、周りも引いて
いくでしょう。。

自分の意見に自信を持つことは大事ですが、他人の意見を
受け止める器や余裕も大事で、やはりバランスですよね。

平和的にただ会話を楽しむ、というスタンスも大切なの
かなあと思いますし、言いにくいことも愛と信頼の中で
落ち着いて伝えたいですよね。

また、自分の得意分野になった途端に、心の中が批判的に
なったり、相手や周りをジャッッジしたり、、、。
端からみるとその人のエネルギーは乱気流なのに本人は
大得意の心持ちだったり、という状況。。。。。

人の話が聞けないことと共通しているのは、ニュートラルな
状態でない、ということ。つまり、客観的でいられていない、
ということ。それは、自分を見る目が客観的でないということ。

心の中に、優越が存在しハイやローを感じる時、グラウンディ
ングしていないと思います。

自分の心の中の小さな動きをよく観察し、整える、という作業。

何かがあって、何かを感じて、自分を整えていく、ということが
客観性の積み重ねであり、ニュートラルに近づいていく方法で、
他人批判で終わったり他人批判するのではななく、結局は自分を
省みることにつなげる、その積み重ねが大切なのだと思います。

2019年7月6日
by Sun Dish
0 comments

本物の愛

人は、もしかしたら人だけではなく全ての生き物が
そうかもしれないけれど、本物の愛以外では満たされない
ものなのだと最近特にそう思います。

それが厳しい愛であれ、本当の優しさや思いやりや
本人の意思が尊重されたもの、心が大切にされたもので
あれば、満たされるものだと思います。もしかしたら、
その時は受け取るのが難しくあっても。

でも、どこかに結局は自分のため、とかずるさとか、
思い通りにしようという意図が含まれていたり、
相手の心や人格が無視されているもの、お金や地位や
名誉が愛だと思っている場合などは、全面的に愛を
歌ってきても誰かを満たすことも自分を満たすことも
結局できない結果が返ってくるのだと思います。

心の中と違うことや嘘も、サイキックでなくても、いずれは
明るみに出て相手に伝わります。

特に、人の人格と心を無視したものは、決して幸せに
なれない。心が幸福感で満たされるということはないと
思います。

殺伐とした結果になっているのであれば、自分が出したもの、
出してきたものを振り返り省みてもよいかもしれません。
自分が出してきたものが、返ってくるという法則はよく働いて
いると思います。

自分自身が、ピリピリしていないか、利己的でないか、
イライラしていないか、、、、、など、自分の発する(その状態)
のエネルギーがどういうものであるか、それが一体どれほど
周りに影響しているか(自分で思っているよりずっと、人は
空気感や状態を感じ取るものだと思います)、、、客観的で
いるように心がけることは大事だと思います。

相手の価値観を認めることを含め(境界線)、人の心に寄り添えて
いるか、他人だけでなく自分の心を無視していないか、、、と
観察することは大事だと思います。バランス感も大事ですよね。

ピリピリしていたりイライラしている人、恐怖心からくる
防御反応が強すぎる人、相手を自分の思い通りにしようと思う人、
寂しくて誰かいてくればいいとただ思う他人依存の人、、、、、
には、人は近づいていかないでしょう。

自分のエネルギー(特に心の状態)が、物事を引き寄せます。
自分の本心を無視する、ということではなく、気がついて
切り替えたり、対処することが大事です。
個人的にであり少し話は逸れますが、私は、とりあえずガイドや
直感に従ってみる(直感が来る時は、ですが)、ということを
やってみます。
どんなに感情が働いても、直感がノー、という時があり、
感情のまま動いて失敗した経験があるからです。
聖地や自然の近くに行った時や後、ネガティブな感情がたくさん
出てきたら、今の自分に合っていないものや手放すべきもの
なのだなあと思い、対処します。

人は心からリラックスしたい、ほっとしたい、楽しくいたい、と
思うものだと思います。つまり本当の愛があるところ。
自分がそういう状態なら、自分自身にはそういう出来事や人を
引き寄せると思います。

本物の愛って、人の心と人格を尊重したものだと、シンプルに
いえばそういうことだと思います。相手の人格を尊重しているから、
本気でそれはいけないと思ったことを叱ったりできることも、
厳しいけれど本物だと思う。つまり、本当に心が入ったもの
(非行少年が本気で叱ってもらってほっとするように。だったり
とかも)。
ただ相手のあるがままが好き、とか利己的なものなど一切手放しの
ものも。
とにかく心が入ったシンプルなものだと思う。
そしてそれが人を癒し活力になるのだと思う。

難しくない。ただそれだけのことではないかと最近思います。

2019年6月25日
by Sun Dish
0 comments

省みる力

これまで周りから、「いい人だ」とか「親切で優しい」とか
比較的褒められて生きてきた人は、潜在的にも自信になるし、
前向きで安定した気持ちになるというのはあると思いますが、
一方で自分を省みることが中々できないという面もありがち
なのではないかと最近思っています。

こういう人が他人から注意を受けると、必要以上に凹んだり
自信喪失したり、しがちだったりもします。

また、注意を受ける、というのは誰にとっても面白いものでは
ないし、自分を否定された、と一瞬は受け取るものではないかと
思うので、その時点でただ発生する怒りに任せる、という
人もいるかもしれないけれど、それではただの野獣ですよね。

注意を受けても、「自分にはできない」「だってしょうがない」
「自分には関係ない」とはなから受け入れることをしない人も
います。

まあどれを選択しても個人の自由だからいいと思いますが(
その後や結果はその時の選択次第、つまり自分の責任だから)、
自分をよりよくしていきたい場合は、ここでも客観的でニュー
トラルであることが大事だと思います。そして、冷静に受け止めて
省みる力、です。

一瞬の傷ついたことをどのように自分の中で変換、糧にして
変えていけるか。
仮に注意されたことが正しいわけではないという判断も、冷静で
ニュートラルであれば落ち着いて判断できることです。

スピリチュアルに生きる、というのは、自分を感じ、自分や
人生を自分で変えていく、成長させていくということだと思います。

その時、自分を省みる力が必要だと思うし、そうするための
ふんばりやグラウンディング、お腹の力や底力が必要です。
ざっくり言うと、器が大きいかどうか、それを大きくできるか
どうか、の話です。

IMG_3782
昨日窓の外をふと見たら、彩雲が出ていました!

2019年6月19日
by Sun Dish
0 comments

しゃんとしようとする意識

グラウンディングの話が続きますが、人として(←ここ大事なポイント)自分がしゃんとしよう、という意識は、頭を冷静にし、グラウンディングすると思い、大事な意識だと思います。

頭を冷静にし、自分も周りも落ち着いて見られる、次に何をすれば良いか自ずとわかる(神がかったことではなく)ということは、自分にも周りにも芯からの愛だと思います。

2019年6月18日
by Sun Dish
0 comments

感じるということ

感じるというのは、頭であれこれ考えず、ただ自分の体や
心を、まさに「感じる」ということなのだけど、
感じるためには肩の力を抜き、リラックスすることが
必須だなあと、最近あらためてわかりました。

感じるためには肩の力を抜く、リラックスする、つまり
落ち着くこと、つまり、グラウンディングすること。

全て繋がっているなあと、思いました。

逆に言うと、グラウンディングしていれば、落ち着いて
感じることもできるということ。

特に聖地では、スピリチュアルに興味があるうちは期待が
入りやすいので、頭の方がよく動いて中々感じられなかったり
しやすいものだと思いますが(そういう意味では興味のない
人の方が感じられるかも)、自分の頭の動きを止めて
我や欲や前知識など何にも考えず、ただただ感じれば、
自分だけが感じる何かがあったりすると思います。

日々の自分の体や心を感じるということも、肩の力を抜く、と
いうのがとても大事であり、結果グラウンディングなのだ
なあと思います。

2019年5月8日
by Sun Dish
2 Comments

七色の空

E270BAAB-EA1A-41D7-8CAB-2A13577E8184
出かけようと思ってふと車の窓から外を見たら、七色でした。

携帯のカメラ大丈夫かしら、と思って向けたら、太陽の周りにも虹があることを発見。
8E065B0D-C849-480A-9335-F8019DF1BFA2

良い気づきがありますように(^-^)!

2019年4月4日
by Sun Dish
0 comments

前倒しな日々

今年に入ってから、環境ががらっと変わることが
多いですが、3月に入ってからは特にそのスピードが
早まっており、直感とガイドについていくのがやっとです。

直感やガイドの言葉が入ってくるなんて羨ましい、と思われる
方もいらっしゃるかもしれませんが、結構、いえ、かなり
ハードだったりします。しかもかなり細かい。。。

3月に入ってから、急遽大量の断捨離を余儀なくされたり
(外から見たら、勝手にやっているように見えると思いますが)
家の中や外は大きく整えさせられています。
そして、来月やろう、来週やろう、と思っていた事も、
急遽すぐに取り掛かることになったり、何だか色んな事を
前倒しで行うように促されているようで、自分でも、
何やってんだろう?何でこんなに忙しくしてるんだろう?
今これやってていいのだろうか?と、疑問に思ったりしながら
動いています。なんだか全力疾走してるみたい(^^;)。
そんな中でもスポットのように、「のんびりな(したほうが
よい)日」もやってくるのですが。

そのスピードの速い日々の中でも、究極的に今週中にあれこれ
片付けておかなければならない、と感じた週があり、走り抜けたら、
これまで行けなかった聖地にいきなり導かれた、ということが
ありました。

次の扉に向かう前に、色々すっきり整理整頓させられて(魂が
そう感じて)いるのでしょうね(^^)。

ゆっくりすればいいのに、ベリーハードな最近です。

まあそんな中でも、つくしを採ったり(はかま取りが大変ですが)、
フキノトウを採って蕗味噌を作ったり、春もしっかり楽しんで
おりますが。

2019年4月2日
by Sun Dish
0 comments

素直

この1、2ヶ月で、これまでの過去を振り返り(振り返らされ?笑)、
素直じゃなかったなあと思うことがたくさんありました。

今現在、わけあってカフェインをできるだけ取らないようにしているの
ですが、久ぶりに飲んだコーヒー(しかも何十年ぶりのインスタント
コーヒー!)がめちゃめちゃ美味しくて、ああ私、ある時から健康志向や
美容志向が強すぎて、美味しいとか美味しくないとかではなく、
体にどうか、ということばかり優先してきて、自分の素直な感じを
頭で曲げてきたんだなあ、と気がついてちょっと驚きました。

確かに行き過ぎはよくないと思うし、知っていて良かったと思う
こともあるけれど、やはりすべてはバランスかなあと改めて思いました。

そんなわけで、一人で暮らしていた時は、外食も多いのだから家では
粗食を、と、副菜みたいなものばかり作っていたので、結婚して、特に
子供ができてから、40にもなって、肉や魚料理で楽しく(楽天的なので。
でもあんまりひどい時には泣きたくもなりますが)苦労しています。
でも作ると満足。体も心も満足。
素直に美味しい、食べたいがっつり肉料理、とか、若い頃
もっと自分に愛を与えてあげれば良かったなあと思いました(^^;)。
まあ、元には戻れませんが。
今は外で色々あっても、「自分が作ったパワーランチ。これを食べれば
大丈夫!」などと言って励まし、自分に愛を注いでいたりします。
もちろん家族にもそんな思いを込めて(笑)。

素直さについては、食事の事だけではなく、
何かを素敵だと思う感性についても、あまりにも考えすぎる時は、
無表情や無感動の中から絞り出すように素敵さを見つけようとしたり、
うんちくを述べようとしたり(笑)、ありがちですが、
子供が何かの景色を見て「ふつう」と答えるような、
本当に嬉しかったり感動した時は目が自ずと輝くような、
そんな素な感じで良かったのだと、なんだかふと気がつきました。

考えすぎ、いっぱいあったな〜、と。

自分では素直にやってきたと思っていましたが、無意識の所で
そうではなかった部分もあったのだなあと気がつくと、
かなり楽になります。素直になればいいだけですから。

ところで、「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」にはまっています。
夜遅いので、録画してまで観たりしています(笑)。

Top