2020年5月24日
by Sun Dish
0 comments

自分に素直になるということ

自分の心惹かれるものに近づこうとする、買い物できるものなら
手に入れてみる、人ならそういう人になりきってみる。。。

自分の心惹かれるものに動くことが素直になるということ、の
大きな柱だと思います。

自分には似合わない、釣り合わない、そんな器ではない、と
自分で否定しないで動いてみる。

自分の心惹かれるままに素直に動いてみる。

個人的には、楽しいの積み重ね(^^)。

2020年4月27日
by Sun Dish
0 comments

自分と向き合う、あれこれ

EBAB8937-0BFA-43C3-92BA-D86509BFF7D5

ステイホームの中、パンを作る人が急増中のようですが、
うちも例に漏れず作り物が増えています。
パンも作ったし、今日はホットケーキミックスでドーナツを
作りました(^^)。なかなかでした。

コロナで色んなことが明るみになってきていると感じます。
隠してきたもの、逃げてきたものなど。。

自分と向き合う、というのは、特に困った時、つまづいた時に、
誰かや何かのせいにするのではなく、自分を客観的に振り返る
こと。内省すること。自分の何が上手くいかせてないのか、
やり方が違ったのではないか、もっと力をつけるべきだったのでは
ないか、別の何かから逃げてきたものだからか、、、などなど。
自分と向き合う、って難しいことじゃなくて、誰のせいにもしない、
ということなのだと改めて理解しました。

本当の自分はわかっている自分のやるべきことに直視させられる
よう、エネルギーが強く流れているのを感じます。

そして、美輪明宏さんの「人生ノート」に書かれてあるように、
「問題は理性で解決すること」なのだと改めて思います。
学生の時に読んで、その通りだなあと思いましたが、これまでの
人生で大概のことを理性で解決できたように思いますし、助けられて
きました。
自分の悩み、不安、イライラも、理性でもってしたら案外スッと
感情が消えて物事が客観的に見えて解決がみつかったりします。

人の生きる課題の中に、「理性を鍛える」ということと、
「それでも愛を信じられるか」というのがあると思います。

学生の時に、自分の父親が怒っているのを見たことがない、という
人に出会いました。その人自身も大抵穏やかで、感情的になっても、
落ち着いて理性的に話せる人でした。
その人に出会った時に、怒らなくても(感情のまま態度や言動に
出さないで)生きていけるのだ、と知りました。

そういう風に生きている人がいるのを知れたことは、私にとって
とても大きかったです(子育ての大変さですっかり忘れていましたが。
そして今の私は全然できていないのですが><。。)。

怒りって、言動に出すと倍増しますね〜。ちょっとしたことで
イライラした時、「理性、理性」と心のなかで唱えると、元に
戻るので、今日はそうしてお掃除してみました。

ぼちぼちいきまーす。

533980B8-90AE-4D5B-B1A7-EBDF12F87D7C

8EF0F09A-A70E-4849-9F62-E17DDA58EEE0

A95AB6F2-33EA-4AC2-A18C-07860299DD57

2020年4月13日
by Sun Dish
0 comments

自分をゆるす

嫌なこと、嫌だったこと、不安などネガティブなことが
ぐるぐると自分の心や頭を回って離れない時があります。
こういう時は、その回っている物事は、自分にとってもう
必要ないものだ、と私は理解しています。
つまり手放すもの。
聖地に行ったり、海辺や自然の場所でそうなった時はとりわけ、
そうなのだなあと思います。

光は闇を照らし出すのだということを感じます。
自分の中の闇が照らし出され、もう手放したらどうですか?と
宇宙はエネルギーを流しているのだと思います。

で、目下ここのところの私は、いろんな流れの中から、
自分大ゆるし大会になっています(笑)。

過去の自分、過去世の自分、現在の自分。

自分をゆるすというのは、ある意味、他人をゆるすより難しいのでは
ないかと思います。
自分の内側だから、誤魔化しが効かないからです。

ゆるしてしまうと、また同じことを繰り返してしまうのではないか、
という恐怖がありました。
ゆるさないでいることで、自分を制御していると思っていました。

でも、例えば個人的な自分のゆるしの中で、食べ物の制限をできるだけ
やめて、フィーリングにできるだけ沿ってみたところ、あまりにも
食べ過ぎだなあ、という時は、自分でもそういう風に感じて自然体で
制限できました。
また、ネガティブなビジョンが何度も浮かんできていたことに関して、
自分の過去世をゆるしていなかったことに気づいて、もうゆるす、と
気持ちをなんとなく持って行くと浮かばなくなったりしました。
付随して、過去の自分のゆるせなかったところが浮かんできて、
あ〜これももうゆるせということなのね、と思って手放そうとしてみると、
罪悪感に変わってしまった失敗する前の元気なエネルギーが
戻ってきたのを感じました(罪悪感の手放し)。

そうすると、付随して、他人のゆるせなかったところもゆるせてくるから
不思議です(^^)。

何より、ゆるしを実行すると心身軽くなる軽くなる。
「もういいじゃん。」って思うだけなんですけどね。

人は何度でも生まれ変われる(生きているうちに)、というのは、
ゆるしがあるからこそなのだなあと改めて思いました。

それに、間違いをおかして、散々痛い目にあったり、散々後悔して、
自分また同じことするかなあ、、と。
それよりも、自分をもっと信じた方がいいんじゃないか、と思いました。

2020年4月11日
by Sun Dish
0 comments

能力の違いと役割

先日のスーパームーン辺りから、エネルギーが重たいなあ、と
感じることが多いです。強いエネルギーが流れていると感じます。

こんな時は、断捨離、掃除、体を動かす、ことなどが効果あると
思いますが、合わせて、瞑想が役に立つなあと、久々瞑想の必要性を
感じて行ってみて思いました。
肺の奥底、お腹の辺りから深く呼吸をすること、深い呼吸を感じることは、
上がりきった意識を下げ落ち着かせます。

ところで、先日も書いた「能力」ですが、人によってそれは様々ですよね。

能力も個性の一部だと思います。

つまり、役割が一人一人違うように、「能力の違いも単なる役割の違い」
なのだと昨夜ふと気がついたら、、、、、むふふでした(^^)。

もちろん自分を向上させようとすることは大事ですが、羨むことでも
自己卑下することでも優越感に浸る必要もないなあと改めて思いました。

2020年4月10日
by Sun Dish
2 Comments

「気配」を感じる

昨日散歩していたら、今年一番の蕨を発見しました!
7B6FD006-0650-4198-B14D-CD8ECD9D6D97
蕨はどうも、シャイなようです(^-^)

散歩と言っても、家から出て右へ行くか左へ行くか、坂を登るかくらいですが、どちらに行ったら良いか、こっちにおいで、といった感じの導きがあることも結構あります。それは、「気配」のように感じられます。直感は確かに、気配に似ているかも(そればかりではないですが)!

今日は家を出て右側の感じ。進むと昨日の蕨の場所。でもそこから更に真っ直ぐ進んだら良い感じ。
道中の草花に、もうちょっと、とか、まだとかインスピレーションを貰いながら、この辺なんだけどなぁ…と思っていると、蕨がたくさん芽を出しているところに辿り着きました(^-^)。
たくさん蕨を見つけたことは書いてもいいけど、写真は遠慮してくれ、という感じだったので撮っていません(^-^)。

今の家に越してきてからの私の散歩はこんな感じで、自然に導かれることも多いです。初めは、まさか、と中々受け入れられなかったし、自分の感じが違うことが恐い(失敗への恐れ)、と思ってましたけど…自然のスピリットとのやりとり、繋がること、感じること、受け取ること、自分を信じること、、、などを教えてもらっていたのだなあと今は思います。

導かれは自然の中だけでなく、都会にいても本屋や買い物、どこでもありえますよー。

春の草花がモデルになってくれました。

6A3F20A0-AC16-40B4-BC82-782A3A5818C4
蕗の薹も終わり、蕗の葉が芽を出してきました。
DEF8F85A-F449-4D45-A740-7716CA3748D3
野いちごの花も咲いてました!
007ADBC7-46AF-42B9-B3A5-6AB1B663294C
20249662-DD7B-4A83-9D07-3482B3E9979E
3896C227-AFED-45D4-8616-4304867E3A1C

先週、日用品の買い物に出かけたら、道中桜が満開でした。

満開の桜たちも、世の中の今の状況に対して「頑張れ」と応援してくれている感じでした!

2020年4月9日
by Sun Dish
0 comments

「人として」

ちょっと前のお散歩中、見つけました!
ED5E3C53-BBD7-474F-B19E-0E5F82A7CC70

今年は庭に水仙が咲いたので近づいてみると、そのふもとにあった花にびっくり。
紫の花が咲いてる!と息子に言ったら、「ジュリアンって言うんだよ。幼稚園の先生に
教えてもらった。」と言ってました!
7A7630BB-40F1-4ADF-83A4-687C103AE2C3

3月後半から日々、起きる度に、これからどう生きたいか、どう在りたいか、明確になっていきました。

個人的には、人として素敵かどうか、が一番大切なことだと気がついたり(^-^)。

人は時として、能力や世間的な評価に溺れがちだったりするし、とりわけスピリチュアルの分野においては「人として」をおいてけぼりで脱落していく場合も多いのかなと、自分も数々の失敗を繰り返し思います。

どんな分野もそうですが、「能力」に重きを置くと、「人として」が見えなくなりがちです。

不思議なのが、「人として」を意識した価値観を持つと、自然と落ち着きグラウンディングして理性的になり境界線も出来てきます。「人として」素敵な日常や日々の時間を大切にしようとすると、今に集中し、今をじっくり感じ味わおうとします。
自分が素敵かどうかは自分ではわからないけれど、素敵ではないと思う振る舞いはしなくなるし、しないように努めるようになります。
ゆったりと客観的になります。

「人として」その心の中はどうですか? 目に見えない心の中に「人として」を向けることが大事だと思います。
自分の心の中を客観的に見ようとすることは、潜在意識を見る訓練にもなると思います。

また、「人として」素敵か、素敵な時間を過ごしているか、は、自分以外の人に向けるものでなく、自分に向けるものです。

実践しようとすると、はっきり言って難しかったりします(^^)。そうはいってもねー、というときもあるし、
体調やいろんな要因で自分の中の闇に負けそうな時や、色んな状況があります。
でもそれでも、自身の中の理想(他人ではなく自分の在り方に向けるもの)に向かおうとすることは、やはり大事
だと思うし、何度転んでも立ち向かうべき(と言い切ってしまいますが)だと思います。
だって、きっとそうやって磨いていくものだと思うし、それ自体が生きることだったりすると思うし、実は結果
真理に近づくことだと思っています。

このコロナ蔓延でストレスがたまる中、いつまでも大人がいじけたりイラついているのもみっともないなあと、
子供を見ていて思います。子供はどんな状況でも、その場で楽しめることにすぐに切り替えて新しい遊びを発見している
のですごいなあと思います。

自分の脳みそや手足を、素敵なものを創造するためだけに使いたいなあと、改めて思っています。

「人として」自分が他人にどうこう言えるようなものではありませんが、でも敢えて書いてみました。

また、このコロナで外出も買い物も制限されていますが、暮らしを整えるいいチャンスかもしれないね〜、
とも思っています(^^)。

2020年2月17日
by Sun Dish
4 Comments

マインドと直感、直感の入るスペース

大雪の天気予報で、今朝起きたらどんなに真っ白なの
かと思っていましたが、全然積もっておらず、風は強い
ですが、熊本の山奥は現在も粉雪が舞う程度です。
でも全国的に大雪や大荒れのようですので、お出かけの
際にはお気をつけくださいね(^^)。

ところで、直感が入ってくるのはいいなあ、、と思われる
方もいると思いますが、細かい直感はついていくのが結構
大変です。自分の気持ちと正反対だったりします。
ドーナツ食べたい、と思っても、即座に「やめとけ」と
飛んできたり、ゆっくりしてたい、と思っても「早く寝なさい」
と飛んできたり、どっか行きたい、と思っても「行くな」と
飛んできたり。。。こう書くと、禁止事項ばかりのようですが、
そういうこともなく、これは言いたくないなあと思うことも
「言いなさい」と言われたりもしばしばで、宇宙の意向は
今の所自分のマインドと全然関係ないこともたくさんあります。
もちろん、なぜ今?と思う時に「休憩しなさい」というような
こともたくさんあったりします。

そして、もちろん、導きでありとても感謝していますが(^^;)。
結果の観察、大事です。結果に奢ると、ちゃんと落とされます
(注意や足元すくわれる経験により再スタート?^^)。

直感(に従う)トレーニングは、エゴや偏見を捨てる
トレーニングでもあると思います。

人は、自身の経験から、物事を予測して期待したりしますが、
以前からよく書いていますが、期待すると上手くいきません。
プレゼントを買って誰かに送る時、「これが好きに違いない」
「喜んでくれるに決まってる」と、自分が気付かないくらい
小さな声で自分の中で期待したとしても、です。
支配とコントロール、おごりからの離脱、のためなんじゃない
かなあと思います。
だからそんな時は、「わからないけれど、喜んでくれたら
いいなあ〜」くらいにとどめておくのがいいように思います。
いつも、「わからない」という余白と謙虚さが残っているのが、
大事なのではないかと思います。

直感が、マインドと関係ないところにあるということで、
偏見を抜かないと受け止められない、余白がないと入って
こない、というところに通ずるのだと思います。

また、自身の経験から、自分の得た知識で本当の理由は定かで
ないのに勝手に物事を判断したり決めつけたりした場合にも、
声高らかに言ってしまった場合などは特にしっぺ返しがやって
きたりします(何度失敗したことでしょう。。。)。

直感や導きは、以前も書きましたが、自分の思考をはるかに
超えています。それをキャッチできるようになるためには、
まあ確かに、偏見や自分の知識を差っ引いて無の状態に
なれる器や、受け止められるスペースが必要よねえ〜、と
最近改めて思っています。
「こうあってほしい」と思う自分の気持ち(マインド)
とは、全然関係なく違うのですから(^^)。

2020年2月7日
by Sun Dish
0 comments

妊娠・出産・育児について

立春も迎え、現在まだ寒くとも、日々の日差しは
1月から春ですね(^^)。

1月下旬から、ゆるしがテーマな感じでした。

これから現実的なことが忙しくなってくるなあと
感じています。

そんな中、産後半年、現在椅子も食べてしまわん勢いで
食べまくっています(笑)。これもホルモンのなせる技なの
でしょうか(^^;)
現在は落ち着いていますが、ちょっと前まで、これでもか、
というほど眠かったです。産後は、3時間おきに授乳だとか
(それだって子供によって違うし、長男は10分おきに目覚め
授乳という時もありました)、赤ちゃんは眠ったと思って
寝床に置いた途端起きるとか、一人目を出産するまで
知らないことばかりでした。大仕事の出産の後、未経験の
育児がいきなりそんなで、毎日が全力疾走のようでした。
産休いいなーと思っていた昔の自分はなんて無知だったの
だろうと思いました。それと同時に、妊娠・出産・育児に
ついて、全世界で日常的に行われていることなのに、日本には
あまりにも事前情報が無いことに驚きました。
義務教育レベルで広く知られていても良いことが沢山あると
思いました。
出産後は、新聞さえ読まないよう、と昔から言われるくらい
目を休めるよう言われたりしますが、情報が無いのでネットを
見るしか無かったです。ママ友も、情報があまりにも無いと、
同じことを言っていました。

妊婦さんは比較的気を遣ってもらえますが、産んだ途端に、
それは無くなったりします。

古い考えや経験を元に、「産後は大変な思いをして当たり前」的な
エネルギーの人もいるのだと知りました。

幸い私には、「産後1ヶ月は人生で最も大事にされて良い時」と
言ってくださった方がいました。

身体もホルモンも生活も精神も一気に変わる時、もちろん大きな
幸せもありますが、とても敏感で繊細になっている時です。

身近に出産された方がいるようでしたら、どうか優しくされて
ください。
身体が元に戻るのに、1年くらいかかると言われています。
ホルモン状態やそれに伴う精神状態も、授乳の関係などもあると
思いますがかなり変動し、落ち着くのに時間がかかると思います。
「言わぬが花の美しさ」では無いですが、大人の女性がそう
ぐちぐち言ったりしません。でもどうか察してあげてほしいもの
だと思いました。
そのために、広くきちんと理解できるシステムや状況が整え
られていったらいいなあと思います。

男女同権について、身体的生理的な違いや、妊娠・出産・子育て
について男も女も老いも若きもきちんと理解していないと、
本当の意味での平等は難しいのかなあと思いました。

大変なのわかってて子供産んだんでしょ?という人もいるかも
しれませんが、自分も育ててもらったのだから、そんなことを
言うものではないと私は思います。

…とまあ、妊娠・出産・育児に関して以前から思っていたことを
書いてみました。

2020年1月22日
by Sun Dish
0 comments

世界平和が当たり前に

過去の地球上の歴史を振り返っても、戦争は現代では
かなり少なくなってきたと思うけれど、未だ「世界平和」を
祈り続けることが必要だったりしますし、平和は尊い、と言われ
続けています。
でも、この「平和は尊い」になんとなく私は違和感を感じて
いました。
なんで当たり前に平和でないのだろうか、と。

毎年8月6日には広島で、核廃絶と平和を小学生が訴えている
けれど、未だにミサイルが飛んだり戦争が始まりそうな脅威が
あったりしている場所もありますよね。

核については、他国に核の所有を許さない、という国が
核を所有しているのは、全然説得力がない、と昔からずーっと
思っていましたが、現在も続いていますね。
先に手放す勇気を持って欲しいものだと思います。
手放した国を攻撃したら世界がどう見るか、なんて、この情報が
瞬時に届く時代、容易に想像できると思いますが。

土地や場所の領有権でもめたり。。。
シェアする、という考え方は出てこないのでしょうか。

でもそれをしているのは、実は既に一部の人になりつつあるの
だなあとも思います。

政治や社会情勢がどうであろうとも、現実に世界を行き来する人は
増え続け、互いの文化に興味を持ち、お互いにもっと楽しもうと
している。
以前は草の根、だったかもしれないけれど、今やそちらの方が
多いのでは無いかと思う。日本の文化に興味を持ってやってくる
人は増え続けてますし、今や日本の観光地は外国人の方が多かったり
するのも当たり前になりつつあります。日本からも観光・留学・
仕事などで海外に行く人は増え続けています。

そういう流れの中で、益々お互い協力・尊重、ざっくり言うと「仲良く」
していかないとやっていけない、というのは当たり前にスタンダードだと
思うのですが。

国や民族を主張して緊張や対立が起こるけれど、
そもそもどこの国とか言う前に、皆地球人なんですけれどね、と
ずーっと前から思ってる。

国や民族の違いは、単に文化が違うだけではないだろうか。
互いの違いをただ楽しめばいいのに。
知らないことを知る、のはとっても楽しいのに。
それがいちいち大義名分にしなくても、勝手に尊重に繋がる
のに。と思っています。

世界平和が、さっさと当たり前の時代がやってきたらいいのに
と思います。

そして、それは一人一人の心の中から始まるもの。

正直に生きること、本当の意味で自分を幸せにすること
(だからエゴを見極めることが必要)が実は草の根的に大事なの
だと思います。

2020年1月9日
by Sun Dish
0 comments

2020年、あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年に入って既に10日近くが経過しましたが、昨日から、
本番始まったな、という感じがしました。

「楽しくて幸せ」がスタンダードになればいいな、と
強く思いました。それには感謝が同時に存在しますが。

それと同時に、益々まともな思考回路が大事だと、
改めて思いました。

ゴミもまともに捨てられない大人は、どんなに知識が
あろうと歳をとっていようと地位があろうと、何にも
ならない、と思います。
隣の家まで800mの山の中に住んでいる私の家の周りでも、
たくさんのゴミが投げ捨てられていますよ。
ゴミをその辺に投げ捨てるのは、大人が人前で平気で排泄
するのと変わらないと私は思います。誰も見てなくても。

未来の地球や子供に、いかがなものかと思います。

それとは別で、格好いい、もしくは素敵な大人は
若い人に希望を与えると思いました。
だからこそ、本気で毎日を楽しむことが益々大事だなあと
思いました。

彼氏や家族、子供がいても、時には一人で旅する女子も
周りに出てきました。

自分が本気で楽しく幸せでないと、本当に人を幸せにする
ことはできない。幸せを知らない人が、人を幸せにすることは
できない。本当の幸せは、何かの犠牲の上に成り立つものでは
ないと思います。犠牲の上に成り立っているものは、必ず
終わりがあり歪みが出てくるものだと思います。
でも本当の幸せというのは、引き寄せの法則に則って、
自らの幸せが周りの幸せに繋がり、根を張りながら広がる
ものだと思います。
人の幸せをひがんだり妬んだりする人もいるけれど、あなたの
ことを本当に好きな人は、あなたが本当に幸せであることを
望むし、あなたが本当に幸せであることが素直に嬉しく思う
ものではないでしょうか。
自分のことをエゴ無しで(本当の意味で)好きでいてくれる人は、
とてもありがたく大切な存在です。
大切な人は、気付かないくらい近くにいたりします。

話は元に戻りますが、古い固定概念やしがらみがどんどん解き
払われて、本当に楽しくて幸せ、がスタンダードな時代へと
ぐーんと進んでいけばいいなと思っています。

Top