2018年10月28日
by Sun Dish
4 Comments

これで良い、と決めること

このところずっと同じことを書いていますが、掃除も料理も早起きも、結局は自分が心地良いためのものだと私は思います。
だから何とか続きます。

掃除した後のキリッとした空気感を知っていると、掃除しないで何日もいた空間はだんだんぼやけてきます。それで気がついたら心身重たくなったり、物事の動きが鈍くなったり、イライラや不安が増えたり、、、を実感してはっとします。何度もそれを繰り返してきたので、そうなったら、とりあえず掃除をします。心が整うからです。
どこかに行きたくてしょうがない時も、とりあえず掃除して整えて、それでも行きたければ行く、というようにします。乱れた空間から逃げたいだけの時もあるからです(^-^)

自炊は、本当に美味しいご飯とお味噌汁、その他の料理でもいいですが、心の奥底まで染み込むようなご飯を一度知ってしまうと、それ以下にしたいと思わなくなります。
身体や心に染み込むような食べものには、癒されるしパワーチャージをして元気にぬるのを実感するからです。
絶対に美味しいご飯を食べたい、というだけでご飯とお味噌汁を作っているような気がします、最近(^-^)。自己満足だし失敗もよくあるけれど、美味しいものが食べたいと思ってて作ると、思わない時より上手く作れる気がします。家族には申し訳ないけれど、もちろん家族の体調に合わせたりもするけれど、美味しいものを食べさせたい、というより、最近は特に自分が美味しいものを食べたい、という理由でご飯を作っています。でもその方が続くし、探究心も出てきて楽しいのです。

早起きは、人に言っておきながら、一番苦手です。ガイドに起こされても、身体がついていかないよ〜、というエゴを通した20年でしたが、身体が辛いと思っても、起きてみると意外と早く大丈夫になります。
何より、心に余裕が生まれます。
だからか、直感の入り方も格段に違うことが多いです。1日が全然違ってきます。
掃除、自炊、早起きの中で一番大事なのは、早起きだと思います。なぜなら、掃除も自炊もできる時間を作るから、作りやすいから。

とまあ、それぞれについて長く書いてきましたが、あなたはそれを何のためにやっているのか、というのが大事なのではないかと思います。

もし、誰かや何かに褒められたい、認められたい、という理由だとしたら、真面目な人ほど、ボロボロになったりするのではないかと思います。
ボロボロになるまでやってしまう見返りを求めていないか、、、という自分を見つめて、自分が何を求めているのか、を考えてみる時かもしれません。

自分で、これで良い、と決めることは、自立した大人には必要不可欠なのだなあと、今年はよく思いました。
そして不思議なことに、自分で良いと決められないうちは、他人の評価を求めているくせに、実際評価を貰っても信じられず受け取れないものです。だから絶対的な自信とは裏腹に、 評価を思い込もうとしたり不安故の自信過剰みたいになったりします。
自分で、これで良い、と決めれると、他人の評価も落ち着いて冷静に受け取れます。
そういうのが本当の意味で、自信を持つ、ということなのではないかと、この頃思います。

自信を持つ、というのは、日本ではもしかしたら、自信過剰みたいなマイナスイメージかもしれませんが、本当の意味では、自信を持つことは、落ち着いて生きていくためにとても大事なことではないかと思います。
イメージ先行に長い間巻かれていましたが、今はそう思います。

2018年10月17日
by Sun Dish
0 comments

見られているもの

宇宙は、本当に、心の在りよう(潜在意識を含む)しか見て
いないのだなあと、今日太陽を見ながら入ってくるメッセージを
感じながら思いました(久々とても厳しい感じだったので、
初め耳を疑いながら 笑)。

人間的価値観(経済的な豊かさとか学歴とか職業、頭がいい
とか顔がいいとか 笑)はほんと、全然関係無い感じです。
(まあ当たり前ですね。書いてておかしくなってきました 笑)

そして、自分の心で宇宙と正面切って対応していると、
世間一般的な価値観から解放されて、本当に自由なのだなあと
いうことも理解できました。

物質的なものも、期間限定の与えられた地球の借り物(たとえ
努力して手に入れたとしても)なのだなあと思いました。
大切にしていこうと思いました。

2018年10月10日
by Sun Dish
2 Comments

目の前の人を大切にする

これまでの2、3週間くらいでしょうか、水星の逆行かと
思われるくらい突然過去が思い出されるということが
しばしばあります。
エネルギーは既に変わっているのに、その確認をさせられて
いるかのようです。
そしてそれにどっぷり浸からせないためか、やること満載で
大忙しです。宇宙の計らいかと思います(笑)。

以前に書いた、3つの基本(早起き、掃除、炊事)ですが、
続けると、累積的な効果もあると実感しています。
5年前に師匠から、「生活基盤をしっかりすること」と
アドバイスいただきましたが、その意味がようやっとわかる
ようになりつつあり感謝しています。

しかし、上記も仕事も趣味もなんにしてもそうですが、自分が
偉そうに言える立場ではないですが、目の前の人を差し置いて
する事ではないと思うのです。

・それは、本当にやるべきことや範囲ですか?
・やるべきことや範囲を超えて、自己満足の範囲に突入してはい
 ないですか?
・あなたがそれをしている間、淋しい思いをしている人は
 いませんか?

一緒にいる家族・恋人・友人などが目の前にいるのに、
あまりにも自分のことにかかりっきりになって
淋しい思いをさせている人を作ってしまっているようであれば、
それはどんなに一生懸命動いても、いかがなものだろう、、、と
思うのです。どうしても仕方のないことや範囲もあります。
でも、相手の気持ちに全く気付いていない人もいます。
自分がどっぷりやりたい事、やるべきだと思っている事に
浸かれるのは、その人たちがいるおかげ。安心しきれて
いるからだと思いますが、今一度自分のすぐそばの人を
見て気遣って欲しいと思います。

遠くにいて淋しいより、近くにいて淋しい、というのは、
結構切ないものです。
何より、健康によくない。

3つの基本についても、やろうと思ってやってみると結構大変
だと気がつくかもしれませんが、私自身も、毎日必ずきっちりでは
ないのです。
今はここの掃除はしなくていい、とか、今日はダウンを
準備しておいた方がいい、とか、あれもこれも料理の下ごしら
えすることになったり、今日はゆっくり寝てるといいとか、、、
忙しいほど直感が入ってくるので、毎瞬毎瞬その時の感じを
感じるようにしています。
そして、その直感の理由は、その通りに動いても動かなくても
私の場合は後からほぼ必ずわかります。
(これも自分と繋がる訓練なのでしょうが。)

話が逸れましたが、要は、本当に大切にすべきことを見失っては
いけない、と思うのです。
優先すべき順位は、間違えたくないものです。し、そこは
人生をかけてでもわかるように、宇宙もしっかり修正してくる
(エネルギーを流してくる)、つまり導いてくださるところでは
ないかと思います。結果に反映されるということです。

いつの間にか本末転倒になっていないように、客観的に
自分も周りも見れるように努めたいと思います。

63216113-314C-4609-99B5-33EA06AFA581
台風の合間が、むかご最盛期でした(^^)
去年は旬を逃し、1年待ちました。
たくさん採れて、むかごご飯が大盛況です(笑)。

2018年9月24日
by Sun Dish
0 comments

人づきあいは気遣いの連続

先日、人と話している中で、「人づきあいは気遣いの連続だ」と気がつきました。

やり過ぎると窮屈ですが、それをしないと落ち着かないものです。
そしてそれをするからスムーズに楽しく回るのだと改めて思いました。

人に合わせる事が人づきあい、だと疲れますし、合わせてばかり、巻かれてばかりいた場合も、どこかで歪みが出て爆発してしまうこともあるかと思います。

自己主張が苦手な人が、自分を追求し始めたり意志を出して動こうとする時、慣れていないので強い言葉や態度になったり他人の話が聞けなくなったりすることがあります。
でもそれが出来るようになると、次はもっとスマートに、だったり、正直に信頼の中で淡々と話せば良いだけと気がついたり、更に一旦置いてきた気遣いを取り戻してバランスさせたり。

全ては必要な経験であったりしますが、自然と同じく、何ごとにもバランスを取ることは同時、もしくは後から必ず求められるのだなあと改めて思いました。

スパンは10年20年単位だったりしますが、破壊と再生を感じています。個人的な経験ですが(^-^)

2018年9月23日
by Sun Dish
0 comments

乱れたら静かにしてみる

女性ならば、毎月の身体のサイクルが比較的わかりやすく変わり、ホルモンの受ける影響も顕著であったりしますが、そういった物理的な理由も含め、イライラしたり、楽しみで頭が回り過ぎたり(笑)、興奮している時、それをどうにかしたいけれどどうして良いかわからない時、「静かにする」ということを意識してみてください。
自分の中が静かになったら、それのキープに努めてみてください。
その後の自分の様子の流れ方も観察してみると面白いですよ。

先日、初めて、一人で行ったことのない場所に結構長い距離を運転して行くことになったのですが、上記のような乱れた状態でした。これをなんとかしなければ、と思いつつ、どう気持ちを整理してよいかわからなかった時、ふと振り向いた瞬間、静かにすることを教えてもらいました。
おかげで落ち着いて安全で快適なドライブとなりましたが、本当に助けられたなあと思いました。
車の運転は、特に冷静さが求められる時ですから、改めて気を引き締めていきたいと思いました。

2018年9月19日
by Sun Dish
0 comments

食のことあれこれ

D942B8AB-44A0-438F-A445-B5F0901F7FEC
ちょっと前の写真ですが、ワレモコウです。

樹々には実がなり、葉っぱも色づき、秋が日々深まって
いますね。
先日は今年初の栗をいただき、栗の渋皮煮も四年目に突入、
少しづつ作るのに慣れてきたその味は自画自賛、美味でした(笑)。

熊本に来て4年以上経ちましたが、個人的な生活は大きく変わり
ました。特に食生活は、

田舎に来て店がすぐそばに無いこと(一番近いスーパーで車で10分)、
会社勤めを辞めて自分の自由になるお金が減ったこと、
子供ができたこと

この3つの要因は、私の食生活を大きく変えたと思います。

まず、店が近くに無いので作らざるをえない(^^;)。
以前高井戸に住んでいた時は、駅にドトール、帰る途中にスーパーが
あり、もう疲れた〜、という時はすぐにドトールに駆け込み、
スーパーでお惣菜やお寿司を買って帰っていました。

そんなだったので、こちらに来てからも、ちょっと面倒くさい
くらいですぐに外食がしたくなったり、美味しそうなものを見つけると
お財布の中身を計算せずその欲望のまま購入したりしていましたが、
自分の収入も東京にいた時と比べると全然減ったのに、
日本の物価はそんなに変わるわけではないので(^^;)、すぐに
そんな生活は成り立たなくなるわけです。
ざっくり言うと、それまでがあまりにもどんぶり勘定だったわけですが
、、、それを続けることは難しくなりました。

さらに子供ができ、それ以前から食に関しては健康志向だったと
思っていましたが、母乳のことや離乳食を経て子供の身体に入る
もののことを考え、勉強した限りで和食中心の食事に変えました。
それまでの人生の朝ごはんは、ほとんどずっとパンでしたが、ご飯と
お味噌汁に変わり、コンソメはたまに使いますが、基本出汁をひく
ようになり、添加物が入っているものはできるだけ避けるように
なりました。
(お味噌汁の出汁は実家を引き継いで、はらわたなど何も取らない
(笑)いりこだしですが、前の晩からとか朝からとか、ある程度の
時間水に浸しておくだけで味が格段に上がります。こんな簡単なこと
なのに浸水を面倒くさがっておりましたが、最近やっと美味しすぎる
ことに気がつき、きちんと浸けておくようになりました 笑)

東京勤めの頃から土鍋でご飯を炊いていましたが(会社の友人が
土鍋で炊くと早いし、実は火の調整もしなくてよく簡単だし、お米が
立つ、というのを知った。美味しい。というので、影響をそのまま
受け、それから初めは家にあった鍋用の土鍋で炊いていました)、
子供が離乳食を始める頃、冷凍ご飯も電子レンジではなく、
セイロで蒸すようになりました。セイロで蒸すと、電子レンジで
温めた時のパサつきや温めすぎて硬くなる、ということが
ありません。何より美味しいです。
ちょっと時間はかかりますが、あらかじめ冷凍ご飯を
冷蔵庫に入れておくとかすれば解凍時間も短くなるし、セイロに
入れたらほおっておいてその間他のことで大体時間は過ぎるし、
個人的には時間がかかるという認識はほぼないです。

おやつも自分の中ではかなり手作りが増えました。

東京にいた頃から比べると、栗の渋皮煮を自分が作るようになる
なんて考えられなかったなあ、思いました。
母におやつを作ったとかあれこれ作った話をすると、
「あんたも変わったね〜」と言われます(笑)。

でも、その東京生活の流れのまま生活を見直す必要がある時に
見せられたのは、来る日も来る日も外食したいとかお惣菜買って
きたいとか言わず、ご飯を作り続ける母の姿でした。
辛抱の無い私は、これからの生活ですぐに自分もそのようにしなければ
ならない日がやってくることを感じながら、自分にできるだろうかと
いう心配をしつつ、すごいなあとみていました。

で、先日書いた基本の3つのうちの自炊ですが、面倒くさいと思う時も
なんとか続けてみると(私の場合はそれをせざるをえなかったのですが)
これは持久力がつくな、と思ったのです。
そして、面倒くさくてもなんとか作ってみると、エネルギーが漏れない、
ということも経験しました。その安心感が結構大きくて驚きました。
手づくりの温かみや、実際のお金というエネルギーがなくならない、
ということもあるのだと思いますが、とにかく満足感が、面倒くさくて
外食をしたりお惣菜を買ってきた時と全然違うのです。

会社勤めの金曜日、自分のご褒美にとデパ地下で大した量もないのに
結構な額(すぐに高くなってしまいますよね)のお惣菜を買っていた
時、食べると味気なかったのを素直に認められず満足したふりを
していた自分を思い出しました(笑)。

あの頃、今しているようにかじりついてでも自炊ができていたら、、、
現在作りおきの本がたくさん出ていますが、あの頃自分にヒットして
実践できていたら、、、どんなに違っただろうと思います。
過去には戻れないし、仕方ないですけどね(笑)。
(余談ですが、作りおきおかずは、今の自分の生活に合わないよう
です。それでも、保存のきくしょうゆ漬けや酢漬けは作ったり
するようになりました。旅から帰ってきた時にそういうのが
あるとほっとします。作った自分に自画自賛です 笑)

自炊で思うのは、持久力がつくと同時に、だんだん、感情的に
揺れても、でも自分はこうだから、と比較的早く戻れたり、
飲み込まれにくくなるように感じます。

私は、制限がかからないとわからないタイプでしたが、食に関しては
自分の基盤の大きな部分にテコ入れできてよかったのではないか
なあと思います。

ここ2〜3ヶ月かけて何かのタームが自分の中で先日終わったのを
感じましたが、どうやら味覚も変わったようです。

食べることは生きること、と食いしん坊の私はずっと思っています
が(笑)、口に入るものに感謝しつつ、身体に入るものが自分の
土台である身体を作っていることを忘れないで大切にしていきたい
と思います。

そして、野いちご、ワラビ、ゼンマイ、ウド、たらの芽、栗、柿、
むかご、よもぎ等、山に住めば住むほど、自然の恵みを感じずには
いられないと日々ますます思います。

余談ですが、今年は固定種の野菜をいくつか育ててみました。
なかなか畑の手入れができず、自分の大雑把な性格を目の当たりに
させられましたが、それでもズッキーニは割と元気良く美味しく育って、
本日念願の種取りをしてみました(^^)。

2018年9月10日
by Sun Dish
0 comments

素直になるということ

素直になるということは、感覚的に素直になる、という
ことなのだなあと理解した時がありました。

自分の気持ちや欲望に素直になる、ということ以上に、
「自分の感覚に素直になる」ということは、自分のエゴを
超え、魂の感覚に素直になる、ということに近いのかも
しれません。
わかりやすい例でいうと、「自分はこうしたいのだけど、
感覚的にはダメだと思う。」とか「超マニアックだけど(笑)
これしたらいいと思う(明るい感じがする)。」など。。

自分の感覚に素直になるというのは、直感と繋がることに
なる大前提かもしれません。直感は結局は感覚的なものでやって
くるからです(現実でやってきても感覚的に受け入れることに
繋がるから)。
その感覚を信じられる、受け入れられるようになるまで
あれこれ長〜いレッスンがあったりします。
頑固な人ほど長くなってしまいます。私がそうでした(笑)。

昔は学校の時間割のような計画を作ってその通りに動く
ことにステイタス(?笑)や安心を感じたりしていましたが、
感覚に沿っていくと、計画立ててもその通りにいかないことも
多くあるということを知ります。
計画を立てると頭で先を読み期待が入るからかもしれません。
ずっと言っていますが、期待が入るとうまくいかないのです。
期待が入ると、その通りになった時、「やっぱり思った通り。
自分の言ったことが正しい。」とエゴを満足させる方向に
動くからかもしれません。宇宙はそっちの方向に向かわせないの
だなあと、その度に思います。

忙しい時間の合間をどのように動くか、どうしたらいいかを
感じられるように頭ではなく感覚で感じるよう開いていくと、
いつの間にか臨機応変に対応できるようになっているの
だなあと思います。
それは意志のない宇宙の操り人形のようではなく、全体の
一部としてよりよく動けて自分も幸せを感じられるように、、、
です(笑)。

物欲的なものではなく、自分の魂を輝かせたり前進する内容で
あれば、比較的願いは叶いやすいものなのかなあと、感じます。

2018年9月8日
by Sun Dish
0 comments

新しく変わっていく

A2B15C67-AC07-46E5-8800-5D1A78BF6C63
もう2週間も前に撮ったものになってしまいました
が、飛行機曇(太い 笑)に虹がかかっていたようで、
見えにくいかもしれませんが、色づいていました。

7月くらいから、20年以上着た服や使った化粧ポーチとさよなら
して新調したり、最近も2年ぶりにごそっと断捨離したりしてい
ます(笑)。ついでに避難バッグの中身も見直しました。
ちょこちょこガバッと普段しない掃除が続いたりもしていて、
無意識下で何かの準備をしているのかなあと感じています。

そうしているうちに強い台風がやってきたり北海道に
地震が起こったりして、その凄さをテレビで見て愕然と
し、知り合いや被害のあった地域を案じていましたが、
私がガタガタしても仕方がない、大切なのは落ち着いて
冷静でいることだ、と思い直しました。
こういう時、全然グラウンディングしていない自分を
発見して、あ〜いかんわ〜、と思いました。

これまでの災害も含め、被災された地域の方々の
落ち着いた日常が1日も早く戻ってくることをお祈りします。

2018年8月26日
by Sun Dish
0 comments

思考を超える直感

これからが本番。
今朝からなんだかそんな気がしています(笑)。

直感はいつも自分の矮小な思考や想像力を超えている、と思います。
直感を得て、それは何故だか考えたり想像しても、大抵それとは関係ない理由がやってくる、という現実になります。

全てわかろうとする執着を手放す

直感に従ってみて自分を信じるということ

直感と現実リンクでワンネス実現(?笑)

全体の一部でありエネルギーがよりよく循環する

などのレッスンが含まれているのかなあと思います(笑)。

そして、直感を受け取り扱うには、

ニュートラルでいること

地に足をしっかりつけていること

がとても大事だなあとその度に思います。

あ、思考も当然ですが大事ですし、直感至上主義を言っているわけではないのです。
表現が難しいですが、そういう段階の直感レッスンの時期もあるのだと思います。
念のため☆

94342817-5312-4A9C-A52F-30950F70C8F8
阿蘇の米塚。
地震の後、通行止めで行けなかったのですが、開通したようです。
上の方はヒビが入っていたように見えましたが、エネルギーは凛としているように感じられ、久々の米塚、嬉しかったです(^-^)

2018年8月23日
by Sun Dish
0 comments

良心の優先順位

突然ですが、どんなに好きでもしたくても行きたくても、人生には諦めなければならない時があるなあ、とふと思いました。

頭の片隅で、諦めた方がいい、とわかっている場合、それを認めて手放せた時、自分のエゴが何かはっきりしてくるのだと思います。

自分の良心が知っている優先順位と自分の気持ちは別物だったりします。

いつも優先すべきものがあります。
自分を手放して優先すべきものを大切にしていけたらいいなと思います。

グラウンディング力がまだまだ必要です(@@)

Top