2018年7月2日
by Sun Dish
0 comments

基本の3つ

早起きと、掃除と、自炊がきちんと出来ている人には、やっぱかなわないなあと思います。

上手くいかない時、停滞感を感じる時ほどこれが必要かと思うのですが、そういう時ほど、それらが億劫に感じられたりするものです。
私は、そんな時こそ、えいや、と一念発起してやることが、負のループを断ち切り切り返していく方法だと思っています。

上記3つ、言うは易し、ですが、思い通りだったり、スムーズな人生のためには、堅実で有効な手段だと思います。
これが、一人暮らし時代、学生時代、実家時代から出来ていたら、どんなに人生違っていただろうか、、、。
自分にも言い聞かせつつ書いております(苦笑)。

2018年6月28日
by Sun Dish
0 comments

整える

前回書いた、甘え、ですが、甘えをやめてみると、身の程を知ることに繋がるのが不思議です。
自分を整える時の道具になるなあと思います。

自分の非を認められなかったり、悪かったなあと思えないと、いつまでたっても成長できないのだなあと思います。
気がついて認める時は大変痛く、穴があったら入りたいくらいの気持ちになりますが、それなくしては再度同じ過ちを繰り返すことになるだろうなあと思いました。

なるべく、痛い思いはしたくないし、これからもあるだろうけれど、散々してきてもう懲り懲りだから、整えることをマメにしていきたいと思います。

そのためにも、悩みや考えごとにどっぷり浸かり過ぎないことも大事かなと思います。

2018年6月25日
by Sun Dish
0 comments

甘え

甘え、というのは、甘えている本人は「ちょっと」のつもりでも、受ける側は大きな負担になっているなあ、、、ということに最近気がつきました。
そして、歳をとればとるほど、甘えは見苦しいなあと思うのです。
気がついてギョッとし、気をつけなければ、、、と思いました。

親切心を装って、その実甘えている、ということもあります。

承認欲求も賞賛が欲しいことも自分が一番でありたいと思うこと、横柄な態度、暴力的なこと、なんとかなると無理やり思い込もうとすること、直視しないこと、など、元を辿れば甘えなのだなあと思います。

甘えは、大切な人、特に人間関係を壊していく大きな要因になると改めて思いました。過去の経験から思い当たる人もいるのではないでしょうか。

特に境界線をあやふやにしたり超えやすい家族や親い人は気をつけるところだと思います。
愛ではなく、すぐに共依存に陥りやすい。。。

甘えと自立は相反することなのだと、ストンと気がつきました。どんなに近くても遠くても小さくても我が子でも、それぞれが独立した魂であることをいつも忘れないでいたいです。それが尊重なのだと思います。

甘え、と頼ることは違います。

限度や塩梅を知る事、甘えさせてもらった自覚があれば、感謝すべきこと、ということを留めておくのはとても大事だなあと思いました。

2018年6月11日
by Sun Dish
0 comments

1対1で向き合う

先日、とある道の駅の駐輪場の片隅で、絨毯を広げて
これから祈りをささげようとしていた人を見かけました。

とても美しく、深く心に残りました。

2018年6月6日
by Sun Dish
0 comments

繋がりを感じる

1D15636F-EC79-4033-9C01-F6947056B3B6
2FFB6E19-48EA-4BFA-B192-73B3305EB4B1
丁度2週間くらい前、3日間続けて虹を見ました。
このところ、2、3日ペースの大波で(笑)内面も日常も忙しくハードでしたが、ふとつけたテレビやふとしたことで、琴線に触れることが起こります。

日常の中でインスピレーションや繋がりを感じさせてもらえることが、とてもありがたいと感じています。

2018年5月21日
by Sun Dish
0 comments

みんなの中で生きている

先日ふと、たくさんの人にお世話になり助けられたり
していきている中で、未だ人間嫌い、はないよなー、と
思いました。

ネガティブな記憶から離れられず、時は流れても
いつまでもそこに留まっていると、周りからどんなに
たくさんの愛を与えられても受け取れないのだなあと
改めて思うとともに、でもそれって、いつまでも
イジけているのと同じだなあと思いました。

過去は変えられないけれど、許して感謝しながら
愛を受け取れる人は、きっと器もその分大きくなり、
ぐっと素敵な大人になれるのではないかと思います。

2018年5月18日
by Sun Dish
0 comments

日々楽しく

四月以降、日々楽しく幸せならそれでいいじゃない?
それより大事なものってある?
といった気持ちで過ごしていましたが、やっぱりそうだよね、と再確認しているところです。

目指すものや目標やこなしたいこともあるけれど、知らず知らずついてくる競争心や優劣感情に捕まって苦しい時は、一旦上記に立ち返るといいのかなあと思います。

A2D3E4EE-C7C8-487A-B18D-7AF6196C737D

2018年4月28日
by Sun Dish
0 comments

「自分」って大事。

人は愛されたいと思う側面を持つ生き物だと思いますが、
不思議なことに、自分を差し置いて全てのベクトルを
向けられると嬉しくないものです(笑)。

エネルギーの高い人ほど、そうされてしまう経験が
多いと思います。
無意識ではあるけれど、高いエネルギーに惹きつけられる
からです。

本人は愛を注いでいるつもりかもしれませんが、
受ける側は重たく、敬遠したくなるものです。
大げさに言うと、監視されているような感じだったり
自由に動けないよう無言の圧力を感じたりすることも
あります。

愛のつもりが独占欲だったり支配だったり、愛している
つもりが見返りの愛を求めていたり、裏はそんな感じだと
思います。

人に執着する、というのはそういうことではないかと
思います。

夫婦でも親子でも友人でもそうですが、力を注ぐべき根幹は、
「自分」であるはずだと思います。だから対等でいられる。

自分があって、自分の意見があって、自分で見つけた楽しさや
好きなことがあってそれがその人の魅力につながり、
そこから発信される愛だから嬉しく感じるものだったり
するのだと思います。

自分なんてつまらない、淋しいから愛を注げる誰かを探す、の
ではなく、今こそ本気で自分が楽しいこと、素敵と思うことを
探す時なのではないかと思います。

「自分」が無いと、つまらないんだなあと、最近気がつきました。

2018年4月27日
by Sun Dish
0 comments

本当の自分

DSCN6842
DSCN6845
昨日の午前中、ふと窓の外を見ると、空が虹色でした。

明日から大型連休ですね。
私はワラビやゼンマイ、蕗取り、およびその下処理で
忙しくなりそうです。
今年から始めた超ど素人で、どんなワラビやゼンマイを
とるべきか、とか、今日知った、みたいな感じですが、
楽しんでいます(^^)

今年に入ってから、朝起きたらわかるようになっていた、
とか、起きていても、その感じや感覚や理由が整理されて
既にわかるようになっていた、とか、それまで一生懸命考えて、
その経過途中も見せられて、だったのが、気づいたら
理解できていた、みたいなことがたくさんあります。

宇宙の流れが速い、っていうのはこういうこともいうのだろう
なあと思っています。

ところで、意識的無意識的かどうかは別にして、自分を感じる
トレーニングを始めた初期というのは、自分の瞬間の感情に
意識が行きがちです。それを、本当の自分、と思いがちです。

自分を感じ受け入れていく段階で、些細なことも自分の感じる
ものがネガティブなものが多かったりすると、
自己嫌悪に陥ったり、自分が信じられない、と思ったりする
こともあるかもしれません。
引きで見ると考えすぎなだけだったりするのですが、一生懸命
やっているとそういうこともあります。

誰しも感情や瞬時に思うことはあります。それは、否定できない
素直な自分の反応ですしそれも含めて自分ですが、
本来の自分や魂に近い自分というのは、その奥にあると思います。
自分の反応や感情はあるけれど、じゃあ自分はどうしたら良いと
思うか、どうすべきか自分で考えられる冷静な部分、律する部分も
多々あるかもしれません。

それが本当の自分、なのだと思います。

その本当の自分を見出し、信じることができるか。

これが自信につながってくるのではないかと思います。

本当の自分と繋がるようになると、自分から出てくるエゴ的な
気持ちやネガティブな自分にも気がつきやすく、あれ?もう
こんな風に思わなくていいや〜。ここ沈むとこじゃないよね?(笑)、
と手放して切り替えることが楽にできるようになります。
要は、自分から出てくる不要な感情や気持ちを整理整頓お掃除、
みたいなことが、ささーっとできるようになってきます(笑)。
しょっちゅう、ささっと掃き掃除、みたいな。

ちなみに、世間一般での常識を当てはめて自分の思いや気持ちが
エゴではないかと疑問に思う場合、その選択が自分にとって
チャレンジかそうでないか、ということも考えてみてください。

「自分だけが我慢すれば。。。」「犠牲になれば。。」という
時代は、もう終わっていると思います。

初めは周りをびっくりさせても、一生に一度しかない自分の
人生の時間を大切にすることは、ゆくゆく深いところでも周りに
ポジティブな影響を与えることにつながると思うのです。

2018年4月25日
by Sun Dish
0 comments

生まれかわる

日々周りの緑が増している今日この頃、四月に入ってから、ハレの日が続いています。
世間的にはゴールデンウィークもやってくるし、もう少しそんな空気が続きそうですが、個人的な流れを感じ観察していると面白いです。

人は自分の経験を元に何事も判断しがちですが、客観的に見て、その事実や状況があってほしい姿だったか、愛あるものだったか、後ろ向きになりそうな時ベースとなっている経験や事実があるなら、一度それを見直してみてもいいかもしれません。

愛や光を求めるのに、苦しく辛い経験のベース(過去を思い出して、とか、刷り込みで進めないとか信じられないとか)から素直になれない時は、まず、苦しく辛かった事実や自分の気持ちを認めて受け入れてみてください。

辛かった、苦しかった、嫌だった、と。

自分に起こった出来事や環境が愛から離れたものだった、普通じゃなかったと認めることができたら、刺さっていたトゲを抜けるところまできていると思います。

認めることで初めて癒されることにつながると思います。
そして、手放して清算できたら晴れ晴れと自分の求める世界に素直になれるのだと思います。

小さな自分の苦しみや辛さを、強がりや傍目を気にしたり他人と比べて無視していても、おそらくどこか空虚さと不毛さが続くばかりなのかなあと思います。

全ての経験は大きな愛であるけれども、あれは普通じゃなかった、求める愛じゃなかったと気づけた時、ちゃんと求める世界があることを知るのかもしれません。

そしてその時には、誰が悪いとか何が原因とか、不思議と思わなくなるもので、自分の深いところからのゆるしと解放があるのだと思いました。

パワーは要るし、きっと泣くし(笑)、簡単なことではないけれど、生まれた時からの環境や状況くらい長ーくあっても、気づいて、気づけて、手放せることはあります。
そして、どんな環境や状況に置かれても長い間光と愛を求めて頑張ってきた自分を発見するかもしれません。

その時は、自画自賛万歳(^-^)、自分に祝福です☆

Top