2020年2月17日
by Sun Dish
0 comments

マインドと直感、直感の入るスペース

大雪の天気予報で、今朝起きたらどんなに真っ白なの
かと思っていましたが、全然積もっておらず、風は強い
ですが、熊本の山奥は現在も粉雪が舞う程度です。
でも全国的に大雪や大荒れのようですので、お出かけの
際にはお気をつけくださいね(^^)。

ところで、直感が入ってくるのはいいなあ、、と思われる
方もいると思いますが、細かい直感はついていくのが結構
大変です。自分の気持ちと正反対だったりします。
ドーナツ食べたい、と思っても、即座に「やめとけ」と
飛んできたり、ゆっくりしてたい、と思っても「早く寝なさい」
と飛んできたり、どっか行きたい、と思っても「行くな」と
飛んできたり。。。こう書くと、禁止事項ばかりのようですが、
そういうこともなく、これは言いたくないなあと思うことも
「言いなさい」と言われたりもしばしばで、宇宙の意向は
今の所自分のマインドと全然関係ないこともたくさんあります。
もちろん、なぜ今?と思う時に「休憩しなさい」というような
こともたくさんあったりします。

そして、もちろん、導きでありとても感謝していますが(^^;)。
結果の観察、大事です。結果に奢ると、ちゃんと落とされます
(注意や足元すくわれる経験により再スタート?^^)。

直感(に従う)トレーニングは、エゴや偏見を捨てる
トレーニングでもあると思います。

人は、自身の経験から、物事を予測して期待したりしますが、
以前からよく書いていますが、期待すると上手くいきません。
プレゼントを買って誰かに送る時、「これが好きに違いない」
「喜んでくれるに決まってる」と、自分が気付かないくらい
小さな声で自分の中で期待したとしても、です。
支配とコントロール、おごりからの離脱、のためなんじゃない
かなあと思います。
だからそんな時は、「わからないけれど、喜んでくれたら
いいなあ〜」くらいにとどめておくのがいいように思います。
いつも、「わからない」という余白と謙虚さが残っているのが、
大事なのではないかと思います。

直感が、マインドと関係ないところにあるということで、
偏見を抜かないと受け止められない、余白がないと入って
こない、というところに通ずるのだと思います。

また、自身の経験から、自分の得た知識で本当の理由は定かで
ないのに勝手に物事を判断したり決めつけたりした場合にも、
声高らかに言ってしまった場合などは特にしっぺ返しがやって
きたりします(何度失敗したことでしょう。。。)。

直感や導きは、以前も書きましたが、自分の思考をはるかに
超えています。それをキャッチできるようになるためには、
まあ確かに、偏見や自分の知識を差っ引いて無の状態に
なれる器や、受け止められるスペースが必要よねえ〜、と
最近改めて思っています。
「こうあってほしい」と思う自分の気持ち(マインド)
とは、全然関係なく違うのですから(^^)。

2020年2月7日
by Sun Dish
0 comments

妊娠・出産・育児について

立春も迎え、現在まだ寒くとも、日々の日差しは
1月から春ですね(^^)。

1月下旬から、ゆるしがテーマな感じでした。

これから現実的なことが忙しくなってくるなあと
感じています。

そんな中、産後半年、現在椅子も食べてしまわん勢いで
食べまくっています(笑)。これもホルモンのなせる技なの
でしょうか(^^;)
現在は落ち着いていますが、ちょっと前まで、これでもか、
というほど眠かったです。産後は、3時間おきに授乳だとか
(それだって子供によって違うし、長男は10分おきに目覚め
授乳という時もありました)、赤ちゃんは眠ったと思って
寝床に置いた途端起きるとか、一人目を出産するまで
知らないことばかりでした。大仕事の出産の後、未経験の
育児がいきなりそんなで、毎日が全力疾走のようでした。
産休いいなーと思っていた昔の自分はなんて無知だったの
だろうと思いました。それと同時に、妊娠・出産・育児に
ついて、全世界で日常的に行われていることなのに、日本には
あまりにも事前情報が無いことに驚きました。
義務教育レベルで広く知られていても良いことが沢山あると
思いました。
出産後は、新聞さえ読まないよう、と昔から言われるくらい
目を休めるよう言われたりしますが、情報が無いのでネットを
見るしか無かったです。ママ友も、情報があまりにも無いと、
同じことを言っていました。

妊婦さんは比較的気を遣ってもらえますが、産んだ途端に、
それは無くなったりします。

古い考えや経験を元に、「産後は大変な思いをして当たり前」的な
エネルギーの人もいるのだと知りました。

幸い私には、「産後1ヶ月は人生で最も大事にされて良い時」と
言ってくださった方がいました。

身体もホルモンも生活も精神も一気に変わる時、もちろん大きな
幸せもありますが、とても敏感で繊細になっている時です。

身近に出産された方がいるようでしたら、どうか優しくされて
ください。
身体が元に戻るのに、1年くらいかかると言われています。
ホルモン状態やそれに伴う精神状態も、授乳の関係などもあると
思いますがかなり変動し、落ち着くのに時間がかかると思います。
「言わぬが花の美しさ」では無いですが、大人の女性がそう
ぐちぐち言ったりしません。でもどうか察してあげてほしいもの
だと思いました。
そのために、広くきちんと理解できるシステムや状況が整え
られていったらいいなあと思います。

男女同権について、身体的生理的な違いや、妊娠・出産・子育て
について男も女も老いも若きもきちんと理解していないと、
本当の意味での平等は難しいのかなあと思いました。

大変なのわかってて子供産んだんでしょ?という人もいるかも
しれませんが、自分も育ててもらったのだから、そんなことを
言うものではないと私は思います。

…とまあ、妊娠・出産・育児に関して以前から思っていたことを
書いてみました。

2020年1月22日
by Sun Dish
0 comments

世界平和が当たり前に

過去の地球上の歴史を振り返っても、戦争は現代では
かなり少なくなってきたと思うけれど、未だ「世界平和」を
祈り続けることが必要だったりしますし、平和は尊い、と言われ
続けています。
でも、この「平和は尊い」になんとなく私は違和感を感じて
いました。
なんで当たり前に平和でないのだろうか、と。

毎年8月6日には広島で、核廃絶と平和を小学生が訴えている
けれど、未だにミサイルが飛んだり戦争が始まりそうな脅威が
あったりしている場所もありますよね。

核については、他国に核の所有を許さない、という国が
核を所有しているのは、全然説得力がない、と昔からずーっと
思っていましたが、現在も続いていますね。
先に手放す勇気を持って欲しいものだと思います。
手放した国を攻撃したら世界がどう見るか、なんて、この情報が
瞬時に届く時代、容易に想像できると思いますが。

土地や場所の領有権でもめたり。。。
シェアする、という考え方は出てこないのでしょうか。

でもそれをしているのは、実は既に一部の人になりつつあるの
だなあとも思います。

政治や社会情勢がどうであろうとも、現実に世界を行き来する人は
増え続け、互いの文化に興味を持ち、お互いにもっと楽しもうと
している。
以前は草の根、だったかもしれないけれど、今やそちらの方が
多いのでは無いかと思う。日本の文化に興味を持ってやってくる
人は増え続けてますし、今や日本の観光地は外国人の方が多かったり
するのも当たり前になりつつあります。日本からも観光・留学・
仕事などで海外に行く人は増え続けています。

そういう流れの中で、益々お互い協力・尊重、ざっくり言うと「仲良く」
していかないとやっていけない、というのは当たり前にスタンダードだと
思うのですが。

国や民族を主張して緊張や対立が起こるけれど、
そもそもどこの国とか言う前に、皆地球人なんですけれどね、と
ずーっと前から思ってる。

国や民族の違いは、単に文化が違うだけではないだろうか。
互いの違いをただ楽しめばいいのに。
知らないことを知る、のはとっても楽しいのに。
それがいちいち大義名分にしなくても、勝手に尊重に繋がる
のに。と思っています。

世界平和が、さっさと当たり前の時代がやってきたらいいのに
と思います。

そして、それは一人一人の心の中から始まるもの。

正直に生きること、本当の意味で自分を幸せにすること
(だからエゴを見極めることが必要)が実は草の根的に大事なの
だと思います。

2020年1月9日
by Sun Dish
0 comments

2020年、あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年に入って既に10日近くが経過しましたが、昨日から、
本番始まったな、という感じがしました。

「楽しくて幸せ」がスタンダードになればいいな、と
強く思いました。それには感謝が同時に存在しますが。

それと同時に、益々まともな思考回路が大事だと、
改めて思いました。

ゴミもまともに捨てられない大人は、どんなに知識が
あろうと歳をとっていようと地位があろうと、何にも
ならない、と思います。
隣の家まで800mの山の中に住んでいる私の家の周りでも、
たくさんのゴミが投げ捨てられていますよ。
ゴミをその辺に投げ捨てるのは、大人が人前で平気で排泄
するのと変わらないと私は思います。誰も見てなくても。

未来の地球や子供に、いかがなものかと思います。

それとは別で、格好いい、もしくは素敵な大人は
若い人に希望を与えると思いました。
だからこそ、本気で毎日を楽しむことが益々大事だなあと
思いました。

彼氏や家族、子供がいても、時には一人で旅する女子も
周りに出てきました。

自分が本気で楽しく幸せでないと、本当に人を幸せにする
ことはできない。幸せを知らない人が、人を幸せにすることは
できない。本当の幸せは、何かの犠牲の上に成り立つものでは
ないと思います。犠牲の上に成り立っているものは、必ず
終わりがあり歪みが出てくるものだと思います。
でも本当の幸せというのは、引き寄せの法則に則って、
自らの幸せが周りの幸せに繋がり、根を張りながら広がる
ものだと思います。
人の幸せをひがんだり妬んだりする人もいるけれど、あなたの
ことを本当に好きな人は、あなたが本当に幸せであることを
望むし、あなたが本当に幸せであることが素直に嬉しく思う
ものではないでしょうか。
自分のことをエゴ無しで(本当の意味で)好きでいてくれる人は、
とてもありがたく大切な存在です。
大切な人は、気付かないくらい近くにいたりします。

話は元に戻りますが、古い固定概念やしがらみがどんどん解き
払われて、本当に楽しくて幸せ、がスタンダードな時代へと
ぐーんと進んでいけばいいなと思っています。

2019年12月24日
by Sun Dish
0 comments

フィルターを取る

83E6D072-D64B-47F1-8614-AD3148C237BC
今朝、空がくっきり分かれていました(^-^)。
これまでにも何度か見たことがありますが、特別なものを感じます☆

先日書いた、自分を俯瞰で見る、ですが、俯瞰で見ていると、自分の中に色んなフィルターが見えてきます。自分の本心から発したものではない、誰かやいつの時代かの思考。知らず知らずのうちに影響を受けていて、取り入れてしまっているもの。つまりは、刷り込み、なのかもしれませんが、個人的に俯瞰で見るとたくさんのフィルターが出てきました。
それを精査し取り除いていくと、もっとぐっとシンプルになり、自分がクリアーに見えやすくなります。

フィルターを取り除いたら、自分の本心はどうか、どうありたいか、というのも同時進行ですが、それをしっかり受け止め大切に思うこと、つまり、その都度の自分への祝福が大事かなと思います☆

2019年12月22日
by Sun Dish
0 comments

自分を俯瞰で見る

自分を俯瞰で見る、ということ。
これ、やっていると面白いですよ〜。
俯瞰で見れる状態=グラウンディングしている状態、
なので、常に俯瞰で見れる状態でありたいなあと
改めて最近思っています。

俯瞰でいようとすると、落ちつきます。

そして、俯瞰で自分を見ていると、余裕を作るので、
気づきも多いです。

あ、今理論的に傾きすぎた思考でしかもちょっと優越感
入っている自分、とか、ちっちゃいことに過剰にイライラ
して言い過ぎになってるな〜、とか、感情的になってたり、
嬉しすぎて浮かれてるなあとか。。。。。

自分という人間にはそんなものは搭載されていない、と
言い切りたい、思いたいところですが、なんのことはない、
エゴが炸裂しとる(笑)!、こんなところで大見栄はりたい
んや、自分!みたいな自分もよく見れて、俯瞰でいる、って
色んな局面・次元の自分が見れてなんて楽しいんだろう(笑)、
と最近面白がっています(^^)。

結局、自分を少し離れた場所で見ようとすることで自分を
認識し、コントロールすること。
自分を観察・分析してコントロールすることに繋がる。

自分をコントロール、というと、理論的に見る、という方向に
走りがちですが、そうじゃないんですよね。
単純に自分から離れた場所で自分の言動・思考を他人を見る
ように見ようとすること。

これって、リーディングにも繋がると私は思っています。

2019年12月18日
by Sun Dish
2 Comments

期間限定の人生を思いっきり楽しむ

あっという間に12月も後半ですね。
12月に入ってから特に、気づきの嵐でした(^^)。
気づくと言っても、答えはずっと前にもらっていたものが
ほとんどで、それらを理解できた、というほうが正しい
です。
理解できた時、エネルギーが開通するうような流れを感じ
ますが、本当スッキリするし、今月は長い間の疑問についても
答えをもらうことがたくさんあり、幸せだなあと思いました。
理解できることは、幸せなことです。

その中の一つ、もうだいぶ前のことですが、サイキックの方を
通して、亡くなった方からのメッセージをいただいたことが
ありました。

「期間限定の人生を楽しんでね。」

なぜかそれをふと思い出して、こんなに時が経って納得したの
ですが、本当にそうだと思いました。

罪悪感やら自己否定やらを長〜く続けるの、本当にもったいないな
と思いました。

「今日一日を思いっきり楽しもう。」
そう思ったら、色んな五感が開く開く。エネルギーが流れる、
躍動する。「思いっきり」というのがポイントかと思います。
自分に遠慮したりしてエネルギーを滞らせない。
※当たり前ですが、独りよがり、自分だけ楽しければ、とか
じゃないですよ。

こうなると初めはハイテンションですが、そればかりでは
疲れるので、その後に穏やかで平和で安定した中庸にたどり着こうと
するのだと思います。

でもやっぱり日々を思いっきり楽しもうという気持ちは、
人生を生き切ることにつながるのだと思います。
後悔が無いと思う。
今は、人生を思いっきり楽しもう、と、言えるような良い時代だと思う。

余談ですが、親孝行ならぬ、結果的に宇宙孝行にもなるのだと
思いました(それ目的にそう思うわけでは決してないのですが)。

2019年12月6日
by Sun Dish
0 comments

自分のセンサーに自信を持つ

今思えば、「自信がある」ということがあまり良いことだと
思って大人になりませんでした。
「自信満々=横柄(?)、独りよがり」みたいな植え付けられた
イメージがあったのだと思います。その人の考えを押し付けられる、
みたいな、、、。
でも、先月後半くらいからの自分のテーマが、「自信を持つことが
大事」ということで、再確認させられるべく結局ここに行き
着きます。

自信がある状態は、安定している状態です。
つまり、グラウンディングしている状態でもあります。
そして、自信があると楽しいものです。
自信があるか無いかは、自分が一番よく知っています。

特に、自分が感じる、思うことに関して、自分のセンサーに
疑いを持っていると、自分からズレてどんどん頭がぼやけて
いきます。

何かを見たり聞いたり触れたりして、「うわー、気持ち悪い!」
という感覚、も結局自分の身を守ったりします。

自分はこう感じるのだけど変ではないか?そんなことを感じたら、
思ったらダメなのではないか?他人の色んな気持ちや状況がわからない
自分はダメなのではないか?自分だけがそう感じるのではないか。。。。
と周りと比べて自己卑下を繰り返していると、どんどん自分に
自信がなくなります。

誰かや何かを理解しようとするのはいいと思うけれど、どんなに
頑張っても自分以外にはなれません。

それよりも、自分のセンサーがきちんと存在している素晴らしさに
気がついて、自分の感じるセンサーを大切に誇りに思うことが大事
かと思いました。
それが自分の個性を大事にするということ。
感じるセンサーが(も)自分の個性。
そしてそれは各個人それぞれ違うから、自分と違っても他人をいちいち
批判しなくていい。

100人が100人Yesと言っても、自分だけNoというようなことが
ある場合も、勇気を持って自分の感じを信じる、というのも自立への
レッスンだったりするのだと思います。

自分のセンサーで、楽しい・素敵と思うことに素直に動いてみる
(他にも自分のスーパーコンピューターと繋がっているわけですから
センサーで感じても理性が違う、という場合は単なるエゴだったり
しますが。人はそれも自動的に処理しているものだと思います。本来
ならば。)と、生き生きしてきます(^^)。

自分の感じ・自分のセンサーに疑いを持たないこと、
センサーが感じることを素直に感じることで、本来の自分に
エネルギーを与え、自信へとつながるのだと思います。
もっというと、自分の中心としっかり繋がることにもなります。

それが結局、自分らしい、ということなのではないでしょうか。

2019年12月3日
by Sun Dish
0 comments

嫌われる恐怖を手放す

好きな人には誰しも嫌われたくないものですし、自分を好きで
いてほしい、その人と一緒にいたい、繋がっていたい、と思う
のは人間の性ですが、嫌われないための努力や心配って大変です。
気がついたら、いつもエネルギーが漏れていたり苦しかったり
します。

正直に生きた方が、相手に対して礼儀、ではないかと思います。
結果がどうであれ。

それに、「嫌われたらこわい」「嫌われたら嫌だ」という気持ちは
自由を奪います。結果、自立や自由を阻害する、自分を束縛する
苦しいものになるのではないかと思います。
それが例え親子や兄弟の関係であれ(どんなことをしても子供が
親のことを好き、と思うのは当然、というのも驕りだと思います。
逆もしかりかもしれませんが)。

これまで依存や好かれるためにへりくだって来た(無意識でも)
相手に対して、素の自分を出した時、逆ギレされたり離れて行かれ
たりすることもあるかもしれません。特にそんなことは思っていない
関係でも、自分が変わることによって離れていってしまう人がいるかも
しれません。
私は、個人的にたくさん経験して、それであれば「それまでの関係」
と思ってしまうのですけれどね。
だって、本当の自分、本来の自分、変わりゆく自分では相手は受け
入れてくれない、ということですから。
逆に、どんなにへりくだっても媚を売っても(無意識ですが。俯瞰で
自分を見ると、無意識で動いている自分も見えてくるものです)、正直で
ないこと(苦手だけど、うまくとりつくろっておこう、みたいなやつ)は、
結局は後で上手くいかないようになることばかりでした。
真実の「愛と信頼」で繋がっていなかったからかもしれません。

でも、捨てる神あれば拾う神あり、古い皮を脱ぎ捨て、嫌われる恐怖を
手放した本来の自分には、それに見合った新しい出会いがやってくる
ものです。

だからといって、投げやりに「自分は嫌われてもいい」とか「自分は
嫌われている」といじけて生きなくても、日々楽しく奢らず感謝して
生きている人が、そんなに嫌われることってないんじゃないかと
思います。

2019年11月22日
by Sun Dish
0 comments

自分を感じる〜自立へ

先日、重い時ほど掃除をするのがいい、というような
ことを書きましたが、確かに、クリアに軽くはなりますが、
何かをしようと思って「重い」時は、今必要ではないという
サインであることもあります。
これは自分の中でしか精査できませんけれど、それを感じ、
実行し、検証していくとわかってきたりします。

全ては感じること。

よく、〇〇が体にいい、と話題になったりしますが、それも
体質やその時の個人個人の状況によるものだと思いますので
あくまでも自分をいつも感じることが大切だと思います。

自信がないと、外に意見を求めます。
求めて納得できないと、もっともっと外に意見を求めたりし
ます。
納得できないと意見を受け入れることができない、というのは、
聞く耳がない、と似ていますが、、(個人的には自分の頑固さに
気付かされおののいていますが、、、^^;)。そういう場合は
納得できるまで経験してみるしかないかもしれません。。

今年に入ってから(もうそろそろ今年も終わりですが)、特に、
他と違う自分を感じたり、他(外)に答えが無かったり、
他にある答えを実行しても自分には合わなかったり違う結果に
なったり、、ということが多いです。
そして、結局は自分で答えをみつけなければならなかった
り。

結局、自立を促されているのだと思います。
そして、自分を信じることも。

Top