2019年12月24日
by Sun Dish
0 comments

フィルターを取る

83E6D072-D64B-47F1-8614-AD3148C237BC
今朝、空がくっきり分かれていました(^-^)。
これまでにも何度か見たことがありますが、特別なものを感じます☆

先日書いた、自分を俯瞰で見る、ですが、俯瞰で見ていると、自分の中に色んなフィルターが見えてきます。自分の本心から発したものではない、誰かやいつの時代かの思考。知らず知らずのうちに影響を受けていて、取り入れてしまっているもの。つまりは、刷り込み、なのかもしれませんが、個人的に俯瞰で見るとたくさんのフィルターが出てきました。
それを精査し取り除いていくと、もっとぐっとシンプルになり、自分がクリアーに見えやすくなります。

フィルターを取り除いたら、自分の本心はどうか、どうありたいか、というのも同時進行ですが、それをしっかり受け止め大切に思うこと、つまり、その都度の自分への祝福が大事かなと思います☆

2019年12月22日
by Sun Dish
0 comments

自分を俯瞰で見る

自分を俯瞰で見る、ということ。
これ、やっていると面白いですよ〜。
俯瞰で見れる状態=グラウンディングしている状態、
なので、常に俯瞰で見れる状態でありたいなあと
改めて最近思っています。

俯瞰でいようとすると、落ちつきます。

そして、俯瞰で自分を見ていると、余裕を作るので、
気づきも多いです。

あ、今理論的に傾きすぎた思考でしかもちょっと優越感
入っている自分、とか、ちっちゃいことに過剰にイライラ
して言い過ぎになってるな〜、とか、感情的になってたり、
嬉しすぎて浮かれてるなあとか。。。。。

自分という人間にはそんなものは搭載されていない、と
言い切りたい、思いたいところですが、なんのことはない、
エゴが炸裂しとる(笑)!、こんなところで大見栄はりたい
んや、自分!みたいな自分もよく見れて、俯瞰でいる、って
色んな局面・次元の自分が見れてなんて楽しいんだろう(笑)、
と最近面白がっています(^^)。

結局、自分を少し離れた場所で見ようとすることで自分を
認識し、コントロールすること。
自分を観察・分析してコントロールすることに繋がる。

自分をコントロール、というと、理論的に見る、という方向に
走りがちですが、そうじゃないんですよね。
単純に自分から離れた場所で自分の言動・思考を他人を見る
ように見ようとすること。

これって、リーディングにも繋がると私は思っています。

2019年12月18日
by Sun Dish
2 Comments

期間限定の人生を思いっきり楽しむ

あっという間に12月も後半ですね。
12月に入ってから特に、気づきの嵐でした(^^)。
気づくと言っても、答えはずっと前にもらっていたものが
ほとんどで、それらを理解できた、というほうが正しい
です。
理解できた時、エネルギーが開通するうような流れを感じ
ますが、本当スッキリするし、今月は長い間の疑問についても
答えをもらうことがたくさんあり、幸せだなあと思いました。
理解できることは、幸せなことです。

その中の一つ、もうだいぶ前のことですが、サイキックの方を
通して、亡くなった方からのメッセージをいただいたことが
ありました。

「期間限定の人生を楽しんでね。」

なぜかそれをふと思い出して、こんなに時が経って納得したの
ですが、本当にそうだと思いました。

罪悪感やら自己否定やらを長〜く続けるの、本当にもったいないな
と思いました。

「今日一日を思いっきり楽しもう。」
そう思ったら、色んな五感が開く開く。エネルギーが流れる、
躍動する。「思いっきり」というのがポイントかと思います。
自分に遠慮したりしてエネルギーを滞らせない。
※当たり前ですが、独りよがり、自分だけ楽しければ、とか
じゃないですよ。

こうなると初めはハイテンションですが、そればかりでは
疲れるので、その後に穏やかで平和で安定した中庸にたどり着こうと
するのだと思います。

でもやっぱり日々を思いっきり楽しもうという気持ちは、
人生を生き切ることにつながるのだと思います。
後悔が無いと思う。
今は、人生を思いっきり楽しもう、と、言えるような良い時代だと思う。

余談ですが、親孝行ならぬ、結果的に宇宙孝行にもなるのだと
思いました(それ目的にそう思うわけでは決してないのですが)。

2019年12月6日
by Sun Dish
0 comments

自分のセンサーに自信を持つ

今思えば、「自信がある」ということがあまり良いことだと
思って大人になりませんでした。
「自信満々=横柄(?)、独りよがり」みたいな植え付けられた
イメージがあったのだと思います。その人の考えを押し付けられる、
みたいな、、、。
でも、先月後半くらいからの自分のテーマが、「自信を持つことが
大事」ということで、再確認させられるべく結局ここに行き
着きます。

自信がある状態は、安定している状態です。
つまり、グラウンディングしている状態でもあります。
そして、自信があると楽しいものです。
自信があるか無いかは、自分が一番よく知っています。

特に、自分が感じる、思うことに関して、自分のセンサーに
疑いを持っていると、自分からズレてどんどん頭がぼやけて
いきます。

何かを見たり聞いたり触れたりして、「うわー、気持ち悪い!」
という感覚、も結局自分の身を守ったりします。

自分はこう感じるのだけど変ではないか?そんなことを感じたら、
思ったらダメなのではないか?他人の色んな気持ちや状況がわからない
自分はダメなのではないか?自分だけがそう感じるのではないか。。。。
と周りと比べて自己卑下を繰り返していると、どんどん自分に
自信がなくなります。

誰かや何かを理解しようとするのはいいと思うけれど、どんなに
頑張っても自分以外にはなれません。

それよりも、自分のセンサーがきちんと存在している素晴らしさに
気がついて、自分の感じるセンサーを大切に誇りに思うことが大事
かと思いました。
それが自分の個性を大事にするということ。
感じるセンサーが(も)自分の個性。
そしてそれは各個人それぞれ違うから、自分と違っても他人をいちいち
批判しなくていい。

100人が100人Yesと言っても、自分だけNoというようなことが
ある場合も、勇気を持って自分の感じを信じる、というのも自立への
レッスンだったりするのだと思います。

自分のセンサーで、楽しい・素敵と思うことに素直に動いてみる
(他にも自分のスーパーコンピューターと繋がっているわけですから
センサーで感じても理性が違う、という場合は単なるエゴだったり
しますが。人はそれも自動的に処理しているものだと思います。本来
ならば。)と、生き生きしてきます(^^)。

自分の感じ・自分のセンサーに疑いを持たないこと、
センサーが感じることを素直に感じることで、本来の自分に
エネルギーを与え、自信へとつながるのだと思います。
もっというと、自分の中心としっかり繋がることにもなります。

それが結局、自分らしい、ということなのではないでしょうか。

2019年12月3日
by Sun Dish
0 comments

嫌われる恐怖を手放す

好きな人には誰しも嫌われたくないものですし、自分を好きで
いてほしい、その人と一緒にいたい、繋がっていたい、と思う
のは人間の性ですが、嫌われないための努力や心配って大変です。
気がついたら、いつもエネルギーが漏れていたり苦しかったり
します。

正直に生きた方が、相手に対して礼儀、ではないかと思います。
結果がどうであれ。

それに、「嫌われたらこわい」「嫌われたら嫌だ」という気持ちは
自由を奪います。結果、自立や自由を阻害する、自分を束縛する
苦しいものになるのではないかと思います。
それが例え親子や兄弟の関係であれ(どんなことをしても子供が
親のことを好き、と思うのは当然、というのも驕りだと思います。
逆もしかりかもしれませんが)。

これまで依存や好かれるためにへりくだって来た(無意識でも)
相手に対して、素の自分を出した時、逆ギレされたり離れて行かれ
たりすることもあるかもしれません。特にそんなことは思っていない
関係でも、自分が変わることによって離れていってしまう人がいるかも
しれません。
私は、個人的にたくさん経験して、それであれば「それまでの関係」
と思ってしまうのですけれどね。
だって、本当の自分、本来の自分、変わりゆく自分では相手は受け
入れてくれない、ということですから。
逆に、どんなにへりくだっても媚を売っても(無意識ですが。俯瞰で
自分を見ると、無意識で動いている自分も見えてくるものです)、正直で
ないこと(苦手だけど、うまくとりつくろっておこう、みたいなやつ)は、
結局は後で上手くいかないようになることばかりでした。
真実の「愛と信頼」で繋がっていなかったからかもしれません。

でも、捨てる神あれば拾う神あり、古い皮を脱ぎ捨て、嫌われる恐怖を
手放した本来の自分には、それに見合った新しい出会いがやってくる
ものです。

だからといって、投げやりに「自分は嫌われてもいい」とか「自分は
嫌われている」といじけて生きなくても、日々楽しく奢らず感謝して
生きている人が、そんなに嫌われることってないんじゃないかと
思います。

2019年11月22日
by Sun Dish
0 comments

自分を感じる〜自立へ

先日、重い時ほど掃除をするのがいい、というような
ことを書きましたが、確かに、クリアに軽くはなりますが、
何かをしようと思って「重い」時は、今必要ではないという
サインであることもあります。
これは自分の中でしか精査できませんけれど、それを感じ、
実行し、検証していくとわかってきたりします。

全ては感じること。

よく、〇〇が体にいい、と話題になったりしますが、それも
体質やその時の個人個人の状況によるものだと思いますので
あくまでも自分をいつも感じることが大切だと思います。

自信がないと、外に意見を求めます。
求めて納得できないと、もっともっと外に意見を求めたりし
ます。
納得できないと意見を受け入れることができない、というのは、
聞く耳がない、と似ていますが、、(個人的には自分の頑固さに
気付かされおののいていますが、、、^^;)。そういう場合は
納得できるまで経験してみるしかないかもしれません。。

今年に入ってから(もうそろそろ今年も終わりですが)、特に、
他と違う自分を感じたり、他(外)に答えが無かったり、
他にある答えを実行しても自分には合わなかったり違う結果に
なったり、、ということが多いです。
そして、結局は自分で答えをみつけなければならなかった
り。

結局、自立を促されているのだと思います。
そして、自分を信じることも。

2019年11月16日
by Sun Dish
0 comments

自分に誇りを持つ

E340F091-C417-4C0E-BA62-0D1C093889F7

「自分に誇りを持つ」と心で言ってみる。
涙腺がゆるむ人は、もっと自分の頑張りや心持ちなど、自分自身の良さを認めて、自信を持つべきなのかもしれません。
自分で認めなければ、そして自信が無い分、他人への承認欲求が強くなります。
無意識ですが、そうやってバランスをとろうとするのだと思います。
けれども、自分で認めることに気がつかないと、承認欲求ってエンドレスです(^^:)
そして、それって他人からすると、「できるのに何で?」「謙遜しすぎ」と思われてうっとうしかったりじれったかったりするものだったりします(^^;)。

誰に何と言われようと、自分の人生を自分なりに楽しくよりよくしていこうとしている自分に誇りを持って生きることは、周りも安心させることにつながるのだと思いました。

2019年11月14日
by Sun Dish
0 comments

口チャック

6E200CA3-BFC5-47E5-9386-19523ED9333F

小学生か幼稚園に通う頃、よく先生が、「口(くち)チャック」と言って
いたのを思い出しました。
ふと、口チャックをすると、心の声も止まり(子供ながらの素直な
行動がそのままよみがえるのでしょうね^^)、自分の呼吸がよく
聞こえるようになります。

心静かにしたい時、考えすぎる時、余計なことが頭を回る時(笑)、
「口チャック」と心でつぶやいていみている今日この頃です。

2019年10月24日
by Sun Dish
0 comments

自分の中心

今年に入ってから、何十年も疑問だったことが春先に
いくつかわかったりする、ということが多かったのですが、
ここ最近も、もう生まれてからこれまでの色々なことに
ついて、ここ数年の自分の疑問と重ね合わせるように
答えが出たり、寝て起きるたびに大きな気づきがありました。

この1ヶ月ほど確かに心身大変でしたが、なるほど、
大変化の前だったのかもしれません。
大変化の前は体調の不調も含め、正直、真っ暗闇(邪魔や
足引っ張りと感じることも)なことも結構あります。

身体が心が重い時ほど、浄化が大事だと改めて思いました。
そんな時ほど家の掃除を隅からすみまでしてみる。

そして、できるだけ早く(⇦ここ重要)床に着く。
22時に寝るのと、夜中の1時に寝るのでは疲れの取れ方や
次の日の肌のコンディションが違うと言われますが、実感でき
ますし、寝ることでの浄化の深さも全然違ってくるのを
感じます。

そして起きた途端、長い間わからなかったこと、疑問だったこと、
への答えが自分の胸にしっかり降りてきた、という経験を
今週2、3回しました。

日々の掃除や自炊が大事だとこれまで何度か書いてきましたが、
結局は自分の中心、つまり自分の心の中や心の在り方が最も
大事なのですが、掃除や自炊はそれを整える手段にすぎません。

手段も大事ですが、一番大事なのは自分の中心がどうか、と
いうこと、ですね。

2019年9月15日
by Sun Dish
0 comments

秋めいています

山はだんだんと実ができて、さらに色づき始めています。
37458AC3-ADEF-475B-B811-CE4A78C38006

F6CE76DF-5B6A-4CC5-AEA1-F7DC16689485

近所の人に聞いた、幸せのblue bee。
写真を撮ろうとするとbeeも察して飛んでしまうので(^^)
なかなか難しく、ピンボケしてますが。
29FC1E1D-16B2-4B54-BD94-497A83A06911

スピリチュアル的な伸び具合も、グラウンディングが出来てないと
全くダメだな、と最近思いました。
グラウンディングできているからこそ、微細なことも落ち着いて
静かに感じられるのだなと、これまでの自分を反省しました。
グラウンディングが全てだと、少し大げさなようですが、
そう思いました。

頭で考えると大丈夫、一般的には大丈夫、だけど、自分の感覚的には
アウト、ということってあると思いますが、頭がかたいと(?)、
理論的すぎると、感覚を信じられない(受け入れられない)もの
です。
これもグラウンディングのたまもの。
グラウンディングしていれば、自分の感覚をおおらかに信じられる
ので、いちいち頭を使って考えなくても、例えば、言わなくて良いこと、
余計なことを言ってしまう、という失敗を防ぐことができます。
この場合、つい言ってしまう、というのではなく、言う前はよく考え
ても理屈上何の不都合も不快も起こすものではないけれど、
感覚的にはなんとなく違和感があるのに、実際言ってみて、
言わなければ良かった、と思うような経験です。

その感覚とは脳(自分で考える)より先に経験値が知っていたり
ガイドからの直感だったりがあったりですが、それを信じられるか
(受け入れられるか)否か、というのは、グラウンディングして
いるかどうか、ということも大きいのだと気がつきました。

頭では大丈夫だけど、なーんか違う気がする、みたいな
微細な感覚をキャッチしてより良くスムーズに、そして
宇宙の繰り広げる展開がいかなるものかを楽しんでみるためにも(^^)、
グラウンディング力、大事だなあと思いました。

Top