2019年3月4日
by Sun Dish
0 comments

焦る時

自分の人生や今という時間に出来ること、すべきことは、そう多くないのだなあと最近思いました。
同時に複数の事が出来たらいいと思い、望み、試してきた気がしますが、結果気が散って何も手にしていない、充実していない、空回っただけ、ということが多々あったように思います。
同時に複数をしなくても、腰を据えて一つに集中する事で得たり学んだり充足感を得たりすることの多さ。
まさに急がば回れ。
長い時間かけてやっとこれが理解出来るようになる自分のゆっくりさ(苦笑)。
仕方がないなあと思いつつも、気がつけたのでこれ幸い。
私は、初め出来ててその後失敗、原因を探りながら長い時間悩んだり考えたり試行錯誤して、その後ふと気づいて元に戻る、というパターンが多いのですが(感覚的ではなく考え過ぎだからなのかもしれませんが)、今回もかなり昔に戻りました。中学生くらいに(笑)。
今年に入ってから、20年、30年前のどこかで引っかかった事が、ふと解明し、戻ってくるという経験をしています。悩んだり苦しかった分、戻ってもその分成長したと信じたい(笑)。でも出来れば、そんなに長い時間をかけなくても、理解出来るようになりたい(^ ^:)

ところで、焦る時ほど、自分の手元ややるべきことに集中が必要だと、先日思いました。

焦る時は、自分と他人の人生の違い、を知る時ではないかと思います。
オリジナルの課題やペースなど。
焦る時は比べている時。

上記のことを落ち着いて観るためにも、焦る時ほどやるべきことを見直し集中、手元に集中が必要なのかなと思います。

焦る時こそ、地に足を着けて自立するチャンス、もしくはそれを促されている時、なのだと思います。

2019年3月2日
by Sun Dish
4 Comments

グラウンディングとおごり

グラウンディングについて、これまで何度かああだこうだと書いて来ましたが、結局、「中庸」に繋がるのかなと考えています。

浮かれていない、浮かれない、ということ。
調子に乗らない。
優越や卑下も無い状態(冷めすぎてもいない。
)。
おごらない。
今や、目の前に集中している。
落ち着いている。…

細かくみれば色々な側面がありますが。

ところで、浮かれない、ということがとても大事だと最近ようやく気がついたのですが、浮かれる中に優越やおごりが潜んでいます。

浮かれること、おごりは、自分の大切なものを失う大きな原因になったりします。

小さな隙間におごりは入りやすかったりするものですが、気づかないでいると大変なことになったりするので、自分の中の気持ちの悪い(笑)慢心感や違和感、小さな優越感にきちんと気がついていきたいと思います。

失敗は出来るだけ繰り返さないようにしたいですね。

と言っても、40にもなったオバチャン(私)が、塊り肉で料理するなんて上級者みたい!と浮かれてますが…(笑)。

バランスとってまいりたいと思います。

2019年2月24日
by Sun Dish
0 comments

グラウンディングとお腹の力

先月からのスーパームーンの影響か、その前後で受け取るものも手放すものも大きいなあと感じています。

そして、よく寝た後や入浴中にわかること気づくことが多いのは、相変わらずで、浄化が重要なのは基本中の基本事項だと改めて感じたりします。

いくつになっても、自分の冷静な観察と分析が必要だと、昨夜改めて感じました。
そのために物事や自分を上げも下げもせずに俯瞰で観れること、そのためには本当の意味でグラウンディングできること(自分を誤魔化したりひいき目に見たりしない、また見ないようにしないこと)が大切で、お腹の力使うなぁと改めて思いました。
でも自分や物事と本気で向き合うって、体力も結構使う、そういうことだなあと、改めて思いました。

ところで、先日、宮島に行って来ましたが、お天気も良く、たまたま境内に入った時から笛の音が聞こえていたのですが、結婚式に遭遇!幸せのお福分けを頂いたようで、なんとも嬉しかったです。

2019年2月5日
by Sun Dish
0 comments

笑う

立春を迎え、旧正月も始まりましたが皆さまいかがお過ごしですか?

今年に入ってから、ぐんとレベルが上がったなあと感じます。
その全ての答えは、先週ガツンと入って来た、「グラウンディングしていないとエネルギーは通らないよ。」というメッセージだったのだな、とも思いましたが。

慎重に注意しつつも、笑え(笑)。
どうしようもなくイライラしたり落胆するような出来事があっても、今を楽しんで♡。

みたいなことをレッスンさせられているような感じでした(笑)。

でもお正月からの、特に神社でのメッセージは、「笑え」が続いているし、途方も無い時についどうしようも無さ過ぎて笑いが出たら、急遽素敵な事が連続したという事実もあったので、笑う門には福来る、を最近は意識しています。

辛い時に笑う、というのは難しいこともありますが、逆転する時ってそういうものかなとも思います。

散々泣いた後や辛かった後でも、自分で気持ちの切り替えをしようと思えた時、笑いや笑える方向への選択肢を抱けるように明るくいたいなあと思います。

最大は、自分のエネルギーが引き寄せるから、というのもありますが…(^_^*)

2019年1月4日
by Sun Dish
0 comments

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
今年も皆さまにとって素晴らしい年になりますように!

昨年12月より思うことは、幸せは見た目や他人では測れないものなのだなあということです。
それまでの見方、全然違ったなあと、反省したり目から鱗だったりしました。

また、やはり12月から動けない日々が続いているのですが、出来ない時もあることを身体に刻み付けるように経験中で、また動けることの有難さを改めて実感したりしています。

何事も経験しなくちゃわからない、とも改めて思いました。

年賀状の時期で(主に年末)、意識が繋がりやすい時などは、しっかり整えられるのがベストですが、それが出来なかったり無意識のうちに引っ張られて雑多になったりします。

最近はそんな事が多くあったのですが、その時試した方法で良かったのは、自然の中に自分が溶けている、自然の一部であるイメージをすること。
今の家の周りはありがたいことに自然ばかりなので、お散歩の時は自ずとそんな気持ちになりますが、自然の中に居なくても、自分の中身が雑多になった時などイメージすると楽になりました。
その瞬間、自然と繋がっているのかなと思います。

今年も濃い一年になりそうですが、肩の力を抜いて楽しんでいきたいなあと思います。

ブログの更新は変わらずゆっくりになると思いますが、気が向かれましたらサイトに遊びに来られてください。

今年もよろしくお願いします。

2018年12月19日
by Sun Dish
2 Comments

思うこと

このところ、10年前のこと、10年前からのことを思い出す(出さされている、という方が正確かも)ことが多いです。
しかも夜中に…。

ところで、素敵な人というのは、ひたむきに自分のことをこなしたり高めようと純粋に必死だったりします。自分の中の目標があるので他人と比べたりしません。仮に比べても、まだまだだなあと更に頑張るだけだったりします。

しかし、そういう人に、嫉妬したりやっかんだり自己卑下したりする人もたくさんいます。比べるから、だと思います。
ある時は、上から目線で、歳上ぶったり、先輩ぶったり、無意識かもしれないけれど何らかの形で上に立とうとします。

する側もされる側も、どちらも経験あるかもしれません。

自分のことに一生懸命になっていれば、他人わ見てイガイガしないのになあ、と思います。

私自身のことですが、特に兄弟の上で育ったものとしてのお姉ちゃん意識が強く、無意識のうちに上から目線、歳上目線になりがちなので、実の兄妹含め、歳下の人への接し方は気をつけなきゃいけないなあと、最近思い直しました。

大人ですしね。子供でもですが、実年齢あまり関係ない気がします。
自分が誰に対しても尊敬の念(境界線含め)を礼儀としても抱けるか、それだけなのかもしれないと思います。

2018年11月29日
by Sun Dish
0 comments

霧が晴れた日

目の前の霧がさーっと消えて晴れ渡る、そんな日でした。

長い間の懸念、心配に対し、試行錯誤しながら動き、最終的には正直に伝えて正直な気持ちを受け取り手放していたら、、、私の知らない間に大きく羽ばたかれていました。

人の本気の頑張りには、心を動かされます。琴線に触れ、泣けてきました。

そして、琴線に触れると、何故だかいつも自分にご褒美をしたくなるので不思議です(笑)。

たまたまの流れでしたが、今日はご褒美ランチでした☆

2018年11月27日
by Sun Dish
0 comments

流れを感じる

この1ヶ月ほど、予定が先延ばしになったり、待たされることがとても多いので、のんびりゆっくりペースで動くようにしています。
前のめりな自分に、調整が入っているのだなと思いました(笑)。でも朝は、相変わらず早く起こされるのですけどね。

朝起きて、一人でゆっくりお茶をする事になり、休んだり。アイロンがけやらやる事満載でいつもはそれをするのですが、今はそういう感じではないようです。

個人的な流れなのですが(笑)。

流れを感じるのは面白いです。

2018年10月28日
by Sun Dish
4 Comments

これで良い、と決めること

このところずっと同じことを書いていますが、掃除も料理も早起きも、結局は自分が心地良いためのものだと私は思います。
だから何とか続きます。

掃除した後のキリッとした空気感を知っていると、掃除しないで何日もいた空間はだんだんぼやけてきます。それで気がついたら心身重たくなったり、物事の動きが鈍くなったり、イライラや不安が増えたり、、、を実感してはっとします。何度もそれを繰り返してきたので、そうなったら、とりあえず掃除をします。心が整うからです。
どこかに行きたくてしょうがない時も、とりあえず掃除して整えて、それでも行きたければ行く、というようにします。乱れた空間から逃げたいだけの時もあるからです(^-^)

自炊は、本当に美味しいご飯とお味噌汁、その他の料理でもいいですが、心の奥底まで染み込むようなご飯を一度知ってしまうと、それ以下にしたいと思わなくなります。
身体や心に染み込むような食べものには、癒されるしパワーチャージをして元気にぬるのを実感するからです。
絶対に美味しいご飯を食べたい、というだけでご飯とお味噌汁を作っているような気がします、最近(^-^)。自己満足だし失敗もよくあるけれど、美味しいものが食べたいと思ってて作ると、思わない時より上手く作れる気がします。家族には申し訳ないけれど、もちろん家族の体調に合わせたりもするけれど、美味しいものを食べさせたい、というより、最近は特に自分が美味しいものを食べたい、という理由でご飯を作っています。でもその方が続くし、探究心も出てきて楽しいのです。

早起きは、人に言っておきながら、一番苦手です。ガイドに起こされても、身体がついていかないよ〜、というエゴを通した20年でしたが、身体が辛いと思っても、起きてみると意外と早く大丈夫になります。
何より、心に余裕が生まれます。
だからか、直感の入り方も格段に違うことが多いです。1日が全然違ってきます。
掃除、自炊、早起きの中で一番大事なのは、早起きだと思います。なぜなら、掃除も自炊もできる時間を作るから、作りやすいから。

とまあ、それぞれについて長く書いてきましたが、あなたはそれを何のためにやっているのか、というのが大事なのではないかと思います。

もし、誰かや何かに褒められたい、認められたい、という理由だとしたら、真面目な人ほど、ボロボロになったりするのではないかと思います。
ボロボロになるまでやってしまう見返りを求めていないか、、、という自分を見つめて、自分が何を求めているのか、を考えてみる時かもしれません。

自分で、これで良い、と決めることは、自立した大人には必要不可欠なのだなあと、今年はよく思いました。
そして不思議なことに、自分で良いと決められないうちは、他人の評価を求めているくせに、実際評価を貰っても信じられず受け取れないものです。だから絶対的な自信とは裏腹に、 評価を思い込もうとしたり不安故の自信過剰みたいになったりします。
自分で、これで良い、と決めれると、他人の評価も落ち着いて冷静に受け取れます。
そういうのが本当の意味で、自信を持つ、ということなのではないかと、この頃思います。

自信を持つ、というのは、日本ではもしかしたら、自信過剰みたいなマイナスイメージかもしれませんが、本当の意味では、自信を持つことは、落ち着いて生きていくためにとても大事なことではないかと思います。
イメージ先行に長い間巻かれていましたが、今はそう思います。

2018年10月17日
by Sun Dish
0 comments

見られているもの

宇宙は、本当に、心の在りよう(潜在意識を含む)しか見て
いないのだなあと、今日太陽を見ながら入ってくるメッセージを
感じながら思いました(久々とても厳しい感じだったので、
初め耳を疑いながら 笑)。

人間的価値観(経済的な豊かさとか学歴とか職業、頭がいい
とか顔がいいとか 笑)はほんと、全然関係無い感じです。
(まあ当たり前ですね。書いてておかしくなってきました 笑)

そして、自分の心で宇宙と正面切って対応していると、
世間一般的な価値観から解放されて、本当に自由なのだなあと
いうことも理解できました。

物質的なものも、期間限定の与えられた地球の借り物(たとえ
努力して手に入れたとしても)なのだなあと思いました。
大切にしていこうと思いました。

Top