他人の目

| 2 Comments


私は「良い人」と思われたい、というエゴがあったことに最近
気がつきました。他人に「良い人」と言われたり褒められることが
自分の基準だと思っていたのです。
自分の「嫌だな」という感情を否定して、特に自分が尊敬している相手
ほど、相手が言っていることがすべて正しくて自分を自己卑下して
しまっていました。自分では気づかないうちに、です。
だからどこに行っても何をしても自信が無く、世の中の人々が
恐かったです(笑)。

誰かに「こう思われたい」というのは、他人の思考や気持ちを
コントロール・支配する、ことと同じだと思うのです。
他人が自分の事を好きじゃなくてもどう思っていても、心の中は
こちらでは操作できません。だからある意味、誰かに「こんな風に
思われたい」と動いたり「どう思われているのだろう」と思案
したりするのは不毛な作業です。本当に疲れた日々を送っていました(笑)。
「ご自由に~」と、手放すと本当に楽です。

大事なのは「どう思われたいか」ではなく「どうしたいか、どうありたいか」
だと思います。それから自分が「どう思っているか」。


2 Comments

  1. はじめまして。知名さんのサイトからたどり着きました。^^
    まるで、私のこと言ってる?っていうくらい 同じだったので
    コメントしました。私も、強くなりたいです。

    • まゆさん、コメントありがとうございます!
      誰でもない「自分」それを手に入れなさい、と
      宇宙が教えてくれていたのかもしれないと
      気づいた時に思いました。それは、存在するだけで
      きちんと愛されてる、っていう大きな優しさだと思います。
      そのまんまの自分でいることを許す、とりあえず
      他人にどう思われるかを意識しないで、自分の
      感情に(どんな醜いのでも 笑)まず向き合って
      どうしたらいいか取り組む様に始めたところです。

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top