山もにぎやか

| 2 Comments


東京にいた時は、すぐ近くに消防署があったり、
大きな幹線道路があったり、飛行機やヘリコプターも
よく飛んでいましたので、夜中でも昼間でも
とても賑やかに感じました。人間がたくさん集まって
いるので、そうならざるを得ない環境かもしれません。
また、その他にも、電車に乗れば週刊誌の見出しや
広告等、人が関わるニュースや人が発したい宣伝・
情報に溢れかえっていて、それはそれはにぎやかです。

私は印象がとても深く自分の中に入ってきてしまうので、
日中情報まみれだったと思います。頭がずーっと、
動いている、そんな感じでした。

だから、アウトドアなんて虫がいるし無理、と思って
いた時に、それでもパートナーがそんなに行きたいと
言うならと、格好から、ということで、AIGLEに走り、
グッズを揃えて、何とか気分をオシャレを取り入れる
ことで上げて自然の中に行ってみたら・・・それは
それは驚きました。
自分がなーーーーんにも考えていないことに気がついて。

これが、とっても気持ち良かったのです。そして、子供の
頃はそうだったよな~、って思ったのと、自然の癒しの
力に驚きました。
でも半信半疑のまんま、自分を数年観察しました。場所に
よって自分の状態が変わるのかを。色んなパワースポット
やら水を汲みに行くところが各地にあるので、色々行き
ながら、自分がどんな風に感じるかを、気がついたら
ずっと観察していました。

まず、京都に行くと、しゃしゃしゃしゃしゃ、と気持ちが
ファイルに整理されるように整います。そして、学生の
時の気持ちを思いだすのか、なんだかとても前向きに
なれるのです。
京都は、この10数年、私にとっては大体いつ行ってもそう
だし、後ろ向きな気持ちで行っても前向きな気持ちで帰って
これます。

海や山の中に行った時(近くを車で通るだけでも)、もの
すごく嫌なことを思い出したり、蓋をしていたことを思い
出したりして、何でこんなとこに来てまで、私の心の中は
それがいっぱいになっているのだろう、というくらいになる
こともしばしばありました。

でもそれは、自分の手放すべきことなのです。

それをクリアに思い出させられ、それに着手して自分なりの
対処をしなければ、美しいところ、パワースポットに行く
ほど思い出され、まるで解決を迫られる感じでした。
パワースポットって、そういうところでもあると思い
ます(^^)

ちなみに、手放すべきことが出てくる、ってことは、浄化です。

何年か放置していましたが、心の声(どっちが良い感じが
するか)を微細に感じながら、自分なりの対処を一つ一つ
していったつもりです。
対処中は、そりゃあいろいろ思いだすので辛いこともあり
ますが、それを手放せた時、本当に自分がクリアになって
すっきりして楽になります。そうやって、自分自身で浄化
していくのだと思います。
本当の浄化、って、自分と対話して最終的に自分で心が
本当に落ち着いたり納得する答えを得るものではないかと
思います。
人それぞれなので、マニュアルなんて無いと思った方が
早いです。
「自分はどうか」っていうのを時間がかかっても感じて、
自分のものを手に入れる方が納得が行きます。
それが出来た時、自分と人は違う、と思えるかもしれません。
その時の助けになるのが、自然だったり神社や聖地だったり
すると自分の経験から感じます。

で、山がにぎやかのタイトルと全然違う話になってしまい
ましたが・・静かだと思ってやってきた山も、意外と
にぎやかで、全くしーん、としていることはあり得ない
ことがわかりました。むしろ、都会のコンクリートの壁の
一室の方が、ずっと何の音も聞こえないかもしれません。
蜂が花の蜜を吸いにブンブンやってくる音とか、鳥や虫の
鳴き声がどっかでしているので、「無音」ってことはない
ことを知りました。ただ、人工的でないものは、そんなに
うるさく感じません。
意外とにぎやかです。みんな、いるんだな、ってことを
教えてもらっています。窓開けたらいきなり蛙がすぐ側に
いて、ひえー!っと一瞬思うのですが、蛙なんておとなしい
ものです。そして、「居るんですよ」と言われている気が
します(^^;) そ、そうだよね。
みんないて、地球が成り立っていることよく感じます。

人間もですが、生きてる限りどんな人も「居る」し
「要る」んです、と声を大にして言いたい!


2 Comments

  1. 今日はありがとうございます。
    毎日、充実した生活を送っているようですね。都会では経験しないことを経験しているようで、新発見が多いようですね。阿蘇ライフ!ガンバ!

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top