厳島神社

| 2 Comments


今年の11月、お伊勢さんに行った帰り、実家の広島に
3泊することになりました。
途中、妹にくっついて福岡へ行ってみるのもいいな、
もしくは一人で宮島に行ってこようかな~、と思って
行きかけたのですが、天の声(笑 おばあちゃん)
よりストップがかかったので、直感に従って行かないこと
にしました。母と一緒にいなさい、ってことだったのだと
思います。

しかし家でゆっくりするのかと思いきや、流れで母と宮島に
行くことになりました。
伊勢でさんざん神社を回ったので、厳島神社まで行ってしまうと
神様に呆れられるんじゃないかな、と思っていました。
さんざん神社でメッセージをいただいて、まだいるの?って
思われるのがちょっと怖かったのですが、いえ、今回は
お母さんとデート、が目的だと思って、母と滅多にいれない
その時間を大切にしようと思いながら行きました。
そんな気持ちだったので、宮島口からフェリーに乗って向かう途中、
厳島神社の鳥居がふと見えた時、大歓迎されているのを感じ
びっくりしました。ああ、行っていいんだ!、何だかそんな風に
思いました。
伊勢20131111 238

母と妹によると、宮島は最近裏通りがおもしろいんだと。
古民家を改装したカフェなんかもあり、確かに私が知っている
宮島とは違う様子のお店が増えていました。
中でも、母お気に入りのおひさまパン工房 さんは、
宮島のブドウ酵母を使い、杓文字を作る際に捨てられる廃材を
薪にしてパンを作られているパン屋さんです。宮島で30年ぶりに
とれた蜂蜜を使って作られたフレンチトースト、美味しかったです!
母によると、広島は人口に対してパン屋さんがとっても多く、
人口に対するフランスパンの消費量が日本一、だそうです。
県外から広島にパン屋を出店される人が、その売れ行きに
驚かれるそうです。やっぱりアンデルセンの影響かな~、と
思っております。

裏通りから五重塔へ。
伊勢20131111 252
千畳閣から見た厳島神社。
伊勢20131111 258
ここで厳島神社のエネルギー、
そう思った時、とっても優しいお姉さんたちのエネルギーを
感じました。優しくしてくれたピアノの先生たちや、親戚の
お姉さんを思い出しました。長らく忘れていた、とびっきりの
女の人の優しさです。最近は、厳しさばかりが際立って、そんな
優しい人たちが周りに久しくいなかった(感じられなかった)
と思いました。私もピアノの先生や親戚のお姉さんたちのように
子供の頃は優しくなろうとしてたことを思い出しました。
でも、あんまり厳しく辛く当られる場所では、中々優しい
気持ちでいることは難しかったです、優しくして冷たい態度で
返されると裏切られたみたいな気持ちになって。。。今、この
優しさもう一度思い出す時期なんだな、、と色々と自分で理解
することがきました。今年に入ってから特に、神様と話したり
メッセージがやってくる時、大抵ものすごく優しいな、と
思うことが多かったです。なんでこんなに優しくしてくれるん
だろ、、、本当にそう思っていました。

後ろの弥山もきれい。
伊勢20131111 259

厳島神社です。
伊勢20131111 260
潮が引いていました。宮島は海に浮かぶ神殿、と言われるので、
満潮の時の方がそれっぽいかもしれませんが、個人的には潮が
引いている時の方が好きです。
伊勢20131111 264
真水の湧く鏡池。他に2つあるようです。
伊勢20131111 265
ご存知の方も多いかもしれませんが、この川の流れのような所は
鏡池から湧いた真水が流れています。この真水は、海の鳥居に
向かって、川のように流れています。
海の下に真水が流れる、素敵です!
伊勢20131111 267
鳥居側から見た厳島神社と川。
伊勢20131111 277
鳥居に鳥が(笑)
伊勢20131111 280

実家で飼っている犬の散髪中に訪れた宮島だったので、
3時間ほどの滞在で帰ることにしました。
船の出発間際だったので、急いで切符を駅員さんに見せて
走ろうとした時、「優しくされてもバチは当たらんよ。」と
声が飛んできました。厳島神社の神様でもない、多分
ガイドさんだな、と瞬間的に思いました。

その言葉の意味がどういうことなのか、徐々にわかり
始めてくると、帰りの車の中で優しさに包まれて涙が
溢れてきました。
実に5年間、罪悪感を抱えて、知らず知らずのうちに自分を
責めていたことにやっと気がつきました。だから、優しく
されても、私の事を知ったら嫌いになるんじゃないか、とか
そんな風に良くしてもらえる人間じゃない、とか、そんな
風に気づかないうちに思ってしまっていて、優しくされても
きちんと受け取れていなかったことに気づけたのです。
その後、ゆっくりゆっくり、何でそんな風になってしまったのか、
ひも解いて行き、手放すことができました。
自分で自分を認めるのではなく、その人に認められたい、ってことが
重要だったこと、甘えてしまっていたこと、、、等。。。

でも、それを最後に、この5,6年心の中にもやもやしていた事を
やっと手放すことができました。

これまで長いこと、スピリチュアルに興味を持って探求し、
色んな方に出会い、宇宙や神様との会話から自分を見つめ、
ようやっと心の枷を手放して新たな心のスタートを切ることができる、
そう思えるようになった今年の11月末でした。

本当に多くの方や色々な存在に、改めて感謝します。


2 Comments

  1. うわっ!厳島神社、なんて美人さん♪♪目が覚めるようです~♪

    • Sairiさん、コメントありがとうございます!
      美人さん♡ そんな風に受け取れる感覚、
      素敵だと思います!

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top