何者でもない自分が愛

| 4 Comments


何かに夢中になったり陶酔したり感動したりした時、
気持がいいのでその状態を続けたいと浸りたいと
思うのだけど、そうしようとすれば大抵ぴしゃりと
水を浴びせられるようなことが起こって、ハッと
我に返らされるようなことが起こります。
これ、何でだろう?とふと考えていたのですが、
ああそっか、何かに対して心が震えた時は愛なの
だけど、その状態を長くキープしようとすると、
思考が動き、気付かないうちに自分への陶酔、に
すり替わっているからだ、と気がつきました。
そして、何かに夢中も陶酔も感動も愛なのだけど、
それが、自分に陶酔、にすり替わった瞬間エゴに
なるのだと気付きました。

神様は愛でできている、と最近確信したのですが、
外に向かって心が震える時、自分を手放しています。
ありがたいとか感謝に近い感覚になったりすることも
あると思います。

何者かになろうとするから疲れる、ということを
以前書いたかと思いますが、何者かになろうとする、
つまり、自分を確立したいという気持もわかるけど、
それって対外的であったり比較が必要だったり、
外からの賞賛を必要としたり、結局エゴなのだと思い
ます。つまり愛の反対。

何者でもない自分でいること=愛 なんて。
師匠がヒントをくれました。ありがとうございます!

「神様的」について思うのですが、楽に生きられる
方法だと思うのです。
何者でもない自分でいることは、神様的でもあるのだと
気付いて驚きました。


4 Comments

  1. こんにちは。
    いつもハッとするお話をありがとうございます。

    「自分に陶酔、にすり替わった瞬間エゴになる」
    「何物でもない自分でいること=愛」

    ほんと、そうだなぁと思いました。
    最近自然と一体でありたい・・とよく思います。

    • katsukoさん
      コメントありがとうございます!
      その辺のお花や葉っぱや木にまずは触ってみることでも、
      全然変わると思いますし自然に近づいていかれると
      思いますよ。
      私は最近畑の草むしりをしていた時、気付いたら
      ものすごい集中、というより夢中で、単純に草を
      むしる作業がこんなに楽しいのか、と感動しました(笑)
      草むしりに我を忘れて夢中、も、ある意味自然と一体
      なのだと思っています(笑)。

  2. はじめまして。つい最近、知名さんのところからこちらのブログの存在を知り、今の私にとって、すごくわかりやすく、言葉としてハッキリとした感覚としてメッセージを受け取ることができることにすごく感動して楽しみに読ませて頂いております。
    わかりたいけど、なんかいまひとつわからない、、、っていう感覚だったことがあ、やっぱそういうことなんだ。っていうすっきり感があります。
    そして、この内容は今の私にどんぴしゃな内容で。
    昨日、確かに愛ではあるんだけど、このいまの感情はエゴだよねぇ、、、とぼやぁっと思っていて、そんな自分もちゃんと認めていて、で、じゃ~どうあるべきなのかなぁって思ってて、ここ数日忙しくてこちらのブログを見れてなかったんですが、今日読んで、あ!これだって思いました。
    何者でもない自分でいること。
    これですね。これって愛だなぁ。感謝だなぁって思うことがあって、それについてなにも求めてはいけないって思いつつも、やっぱりこの状況を長くキープしたいっていう気持ちは出てきてしまっていて。
    ぼんやり結論は出せていたんですけど、言葉にするとした、これ!!これだ!!って。
    ほんとありがとうございます。すごく整理ができるんです。

    あまりにどんぴしゃすぎたんで初コメントさせて頂きました。
    これからも楽しみに読ませて頂きたいと思います。

    • アオイトリさん
      はじめまして。
      コメントいただき、ありがとうございます!
      嬉しいです!
      うふふ、自分の感情がどんなだか見えてくるのって
      なかなか面白いですよね。エゴがだめってわけじゃないし、
      わかったら人間ぽいな〜ってやんわりみててもいいと
      思うし、いらなかったら手放したらいいし、エゴでの
      嬉しさも知ってこそ、愛の嬉しさとの違いもわかったり
      しますしね。
      私ものんびり、いろいろ発見していきたいです(^^)

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top