自分の「ほんとう」と繋がる

| 2 Comments


経験だけが人生だ、と井伏鱒二のパクリ風に
思います(笑)。

テレビで観た知識、本やネットで仕入れた知識だけで、
時に何でも知っている気分になったりしますが、
動けば動く程、移動すれば移動する程、人と接すれば
接する程、「ほんとう」を感じて、自分の中の
「ほんとう」を得てそれまで得た知識と違うことや
自分だけの感じに気づきます。
それが、自信に繋がると思います。

よく、「どうやって自信を持てばいいのですか?」と
聞かれますが、その一つに、「知識」の防御線を飛び
越えて経験してみて自分だけの感じを得る積み重ね、
があると思います。

引き寄せの力が強い人は、その前にちゃんと興味ある
ことに向かって動いたり努力したりしていると思います。
自分の興味あることに素直になること、とも言えます。
その時、「他人にどう見られるか」ばかりを気にするのは、
エゴになります。自分の人生は、自分が楽しく幸せに
するしかありません。それが、自分の人生の責任をとる、
ということなのだと思います。そしてそれが、自分を
光らせる、最大のポイントではないかと思います。
「他人に迷惑をかけないこと」と「(見えないプレッ
シャーや他人の期待に自分の意志とは裏腹に)応えようと
すること=自分の希望を犠牲にすること」は違います。
今はそうせざるを得ない状況の人もいるかもしれませんが、
自分自身の「ほんとう」はどうなのか、をきちんと捉えて
おくことは大事だと思います。きちんと捉えられていれば、
時期が来たら、自分の動きたい方向に動けるからです。

自己犠牲が美しい時代は、ずっと昔に終わっていると
思います。自己犠牲しないよう、宇宙が流れているようにも
感じます。だから昔の流れに沿って生きて来た人は、
自由に動いている人をみてイライラすると思うし、
自由に動いている人を批判したり自分が描く正しい位置に
戻そうと、自分が気づかないうちに支配的になっていたり
します。だけど、その裏には、「自分も自由になりたい」と
いう気持ちがあります。

人を見てイラっとしたり嫉妬したら、自分の「ほんとう」に
気づくチャンスだと思います。イラっとしたら、攻撃したく
なる衝動が普通の流れですが(ブラックエネルギーです 笑)、
ふと立ち止まって自分を冷静に振り返り、自分はどう
ありたいのか、どういうのを本当は望んでいたのか、を
分析出来るというのが、光へ転換出来る力です。

イラっとした時こそ、不安だったりネガティブな時こそ、
素直になる勇気を持って、自分のほんとうを見つけられると
思います。
そして、それに取り組むことが、ほんとうの解決方法だと
思います。


2 Comments

  1. YOKOさん、こんにちは^ ^
    今日のブログも点と点がつながって、そうなのか〜とふむふむ頷いておりました。
    経験することの大切さ、本当にそうですね。
    私もようやく重い腰を上げて経験第一主義!とばかりに、それまで恥ずかしいとかプライドが〜という思いでできなかったことにチャレンジできるようになってきました。
    やってみると恥ずかしい〜ということもなく、爽快感があります^ ^
    イラっと感じることも、チャンスとばかりに冷静に受け止めようと頑張っていますが、なかなか‥
    やはり丹田を意識するなど、お腹に聞いてみるのが良さそうですね^ ^

    • Miekoさん、こんにちは!
      そうなんですよ〜、今全く別の人にも爽快感の話しを
      していました(笑)。この爽快感は自信に繋がってくる
      と思います。勇気を出した分の対価みたいですね。
      行き過ぎてエゴにならないようウォッチしていくことも
      大事だけど、まず、勇気を出す事、出せる事ですね〜。
      イラっとする中にも種類があって、今回私が書いたのは
      嫉妬でイラっとの意味が大きいです。明らかにおかしい事で
      イラっとすることもありますよね。でも、その時の自分の
      表現や対応の仕方を模索していきたいものだと思っています。
      スマートにしていきたいと思っています(^^)

コメントを残す

Required fields are marked *.


Top